1. TOP
  2. 生活・暮らし
  3. あい・あーる・けあ株式会社
「企業 情報」
に関連するツイート
Twitter

RT @cwineyou: 経産省・・中小企業の優秀な技術守る気ゼロでしょ・・これ・・ 後継者難の中小の情報、外資に開放 廃業防止へ経産省:日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXMZO…

Twitterリッキー☆ポエム@rickypoem

返信 リツイート 4分前

【中小企業のSEOとクラスタリング】 blog.goo.ne.jp/2300062/e/bb3b2...">blog.goo.ne.jp/2300062/e/bb3b2... 経営コンサルタントの竹内幸次です。 今日は中小企業のSEOとクラスタリングについてです。クラスタリングとは複数のコンピューターを接続し、ひとつのシステムとして機能させる技術のことです。この概念をSEO(Search Engine Optimization=検索エンジン最適化)に適用することをSEOにおける...

RT @cwineyou: 経産省・・中小企業の優秀な技術守る気ゼロでしょ・・これ・・ 後継者難の中小の情報、外資に開放 廃業防止へ経産省:日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXMZO…

返信先:@miyabi39mama 政府専用機に民間人はダメって?中国に言えば?言えないの?商談につかってるんだよ?企業経営だよ? 無知かわざと知らんぷりしているフェイクニュース(しかも一年前って?旧い情報を堂々出すあたり…神経がワカラナイ?)

Twitterいしだ ひろこ@takhir45

返信 リツイート 11分前

社員が思考停止に陥る2パターン「トップが無能」「トップが強すぎる」。後者の場合は風通しがよく下から情報がしっかり集まる組織をつくればいい。 企業参謀ノート 入門編(大前研一) amzn.to/2NOm8KI pic.twitter.com/s9rDAVUmWF

Twitter世界四季報(セカ報)@4ki4

返信 リツイート1 11分前

RT @cwineyou: 経産省・・中小企業の優秀な技術守る気ゼロでしょ・・これ・・ 後継者難の中小の情報、外資に開放 廃業防止へ経産省:日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXMZO…

Twitterシュツルムファルケソ@Sturm_Falken

返信 リツイート 11分前

RT @cwineyou: 経産省・・中小企業の優秀な技術守る気ゼロでしょ・・これ・・ 後継者難の中小の情報、外資に開放 廃業防止へ経産省:日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXMZO…

Twitterひろじ@ゲムマ土L05@kondohi

返信 リツイート 12分前

RT @cwineyou: 経産省・・中小企業の優秀な技術守る気ゼロでしょ・・これ・・ 後継者難の中小の情報、外資に開放 廃業防止へ経産省:日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXMZO…

RT @cwineyou: 経産省・・中小企業の優秀な技術守る気ゼロでしょ・・これ・・ 後継者難の中小の情報、外資に開放 廃業防止へ経産省:日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXMZO…

RT @cwineyou: 経産省・・中小企業の優秀な技術守る気ゼロでしょ・・これ・・ 後継者難の中小の情報、外資に開放 廃業防止へ経産省:日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXMZO…

Twitter坂東真紅郎@隠居中@sinkurou

返信 リツイート 21分前

カテゴリー:

あい・あーる・けあ株式会社

s_あい・あーる・けあ株式会社

あい・あーる・けあ株式会社の目指すところ

あい・あーる・けあ株式会社の目指すところは、「こんなものがあればいいな」という思いを形にして、やがてそれが多くの人から「これはいいな」と思われるようになる、そんな物づくりができることだと言えます。同社では主に、福祉器具を製造販売していますが、同社の代表自身も車椅子で生活している障害者でした。その方が、車を運転する不便さを解消するために、建築リフォーム業で培った知識や技術を活用して手作りで福祉装置を自作したのです。それが周囲の人たちに間でも評判になり、改良を加えていくことで、それがやがて製品化されたのです。これが、あい・あーる・けあ株式会社の出発点です。まさに「こんなのがあればいいな」という思いから素晴らしい物が生まれ、それが「これはいいな」へ繋がって広がっていったわけです。同社が目指すのは、まさにこのプロセスを飽くことなく繰り返していくことだといえます。同じような商品を大量生産していくという企業ではなく、個人から「こんなのを作ってほしい」という依頼を受けて、それを試行錯誤しながらオーダーメイドで作り上げていくとうのが同社のやり方です。福祉産業というのは、本来的にそういうもので、大量生産にはあまりなじまないものです。障害のある方ひとりひとりの体の大きさ、障害の度合いなどに応じて、最適なものを微調整を繰り返しながら作っていくという姿勢がなによりも生産者に求められるのです。しかし、あい・あーる・けあ株式会社では、いろいろ試行錯誤してつくるものの中から、人々の共感を得てヒットしている商品も多数生まれています。そうやって多くの人に受け入れられれば、生産コストを下げてなるべく安く提供できるようにする努力も惜しみません。とにかく同社が目指すのは、多くの人が同社の製品を使うことで、よりよく快適な人生を歩めるようになること、それが一番の願いだいえます。

あい・あーる・けあ株式会社の事業内容について

あい・あーる・けあ株式会社の事業内容は主に福祉器具の企画・開発・販売などです。オーダーメイドで福祉器具を開発することも行っており、クライアントからの「こんな商品がほしい」という要望を形にすることができる、とてもクリエイティブな事業を行っています。同社が開発した福祉器具としては、例えばチェアーライダーという商品があります。これは、手動で動かす車椅子を電動で動く車椅子に変身させるという実にユニークなトランスフォームユニットです。これを使うことで、車椅子をこぐ労力を省くことができるというスグレモノです。また同社の人気商品の1つにホイルソックスというものもあります。このホイルソックスも車椅子に使うアイテムで、その名の通り車椅子の車輪部分にはかせる靴下のようなものです。このホイルソックスを車椅子の車輪に装着することで、デリケートな床面を汚れや傷から守ることができるのです。車椅子の車輪はけっこう硬いですから、デリケートな床面をそのまま走行すると傷がついたりしやすいです。しかし、このホイルソックスを装着すれば、やわらかいソックスのおかげで床を傷つけずに済みます。また、屋外から屋内に入るときなども、このソックスを車輪に装着することで、屋内の床を汚れさせないようにすることもできます。このホイルソックスは価格もリーズナブルで大変好評です。またリストプロテクションという商品も人気です。これは、杖にグリップに装着して使うアイテムですが、こうすることで、手に優しく滑らなくて安全な杖にすることができるのです。グリップが大きくなることで、手にかかる負担がかなり緩和されて、手首を痛めるのも防止できます。このように、あい・あーる・けあ株式会社では色々な福祉器具を開発製造して好評を得ています。この福祉器具の企画開発業務を中心に、福祉用具貸与などの介護保険事業も行っています。