1. TOP
  2. 生活・暮らし
  3. あおもり食品株式会社
「企業 情報」
に関連するツイート
Twitter

今年2019年の大下落要因(オハギャー候補)は「中国経済の想像以上の失速」だと思ってます。 中国は正しい情報をちゃんと報道しないので、公開されている数字以上に状況は悪いと予想しています。 これが顕在化するのは、中国に依存している企業の業績悪化です。これらは『決算発表』で分かります。

Twitter株式投資犬♂タロー@happy_taro6

返信 リツイート 1分前

公務員試験対策でも有益な情報。 民間企業よりコストが厳しい中で街を活性化させる難易度は高いです。 安定安泰の思考回路はおしまいにしましょう、地方もこれからどんどん再編します。 facebook.com/story.php?stor…

Twitter大阪梅田ワイズ就活塾塾長 松原@yot_biyou

返信 リツイート 1分前

気になる企業さんのnoteは非常に素晴らしいものだと思うけれど、noteの実態はその理念とは裏腹に情報商材屋のインチキゴミが大量に掃いて捨てるほどある。

ふわっとした思い付きだけど、クラウドファンディングみたいに、少額短期というか互助会みたいにリスクをシェアするプラットフォームって造れないのかな? 「保険」と呼ぶとみんな他力本願になりそうだから、本来の意味の「共済」的な。 ベンチャーとか、持たざる企業の個人情報リスクとか高いと思う

RT @townjoho: タウン情報東京都は、まちづくりの推進を図る活動をテーマにしており、特定企業の紐付きでない法人格を持たないNPO(市民活動団体)、「まちづくり推進活動団体」(NPO)として活動しています。 東京都、近郊のイベントなど地域情報を発信しますので記事をお寄…

Twitterシステムサポート札幌情報課鬼瓦課長@onigawarakakari

返信 リツイート 6分前

RT @Q1nwuaxj2s1Uqol: 民間企業に照らしましょう。 女子社員の個人情報を同僚が漏らし 結果襲われて、支社長から処分や再発防止を約束されて、被害届を取り下げて加害者は不起訴で野放し。 約束は果たされず、公表されず隠蔽され、支社長は本社に逃げ戻り、被害者が客や同僚…

Twitterしゅうせい@夏菜子推し(見習)@tadashi_mcz

返信 リツイート 8分前

ameblo.jp/japanhk/entry-… 反日企業情報

Twitter芋きんぐ🇯🇵@imokinman

返信 リツイート 9分前

返信先:@LunaBlog 中国系アプリは危険なので使わない方がいいですよー。 スマホ情報抜き取られます。 国産だと油断してるといつの間にか中国に買収されてる時があるので気が抜けません。 ちなみにSimejiを買収したのは百度(バイドゥ株式会社)。中国検索エンジン企業の大手。←ヤバすぎますね。

RT @masaru_kaneko: 【無能】自動車大転換、エネルギー大転換、情報とバイオ医薬の大転換が起きている。最後に残った自動車企業自身が「自動車産業の大きな転換点に対応せざるをえない(ホンダ)」と危機感を示すのに、アベは原発、五輪、万博、リニア、カジノ、空母に浪費する。…

TwitterリラックスでGO/西岡真ヨモガー@doba_anamaki

返信 リツイート 12分前

企業とかが情報漏らしたら炎上するのに自分は顔隠しながら炎上した人の情報晒す奴はなんで炎上しないの?

カテゴリー:

あおもり食品株式会社

s_あおもり食品株式会社

あおもり食品株式会社の目指すところ

あおもり食品株式会社は青森県青森市で1950年に産声を上げ、2017年で創業67年目を迎えました。青森という土地は、三方を趣の異なった海に囲まれ、脈々たる山林と広大な大地から成る恵みに溢れた場所です。地元に根差した企業として重きを置いているのは、土地の食材を使用した商品を作ることや、既存の商品の品質を維持すること、保持する技術を向上させていくことです。当地の特産品であるいかや帆立を使った塩辛や、持ち前の燻製技術を施したアラスカ産天然紅鮭の燻製製品は創業してからの長きに渡りお客様から愛していただけています。一度作り上げた味や質を落とさずに伝えていくことは、商品を待っていてくださるお客様と企業の努力無くして続けられることではありません。原材料の見極め方ひとつ、備品什器管理の方法、労働環境などの改善を含めて毎日の積み重ねが大事と考えます。また、従業員ひとりひとりが働きやすい場所であるというのも、堅実かつ誠実な商品作りが成り立つための礎として必要です。基本的な姿勢として全員が厳しい目を持って仕事をしている会社ですが、関係者以外の方と触れ合う機会が限られているので、どのような場所で活動をしているかといったことや、また携わっている人々の普段の雰囲気がどのようなものかを知ってもらえるよう日頃から社内の情報を発信するようにしています。お客様にもっと身近な存在として歩み寄ることが出来れば理想的です。青森の実りある豊かな資源は、かつてからご縁ある方のみならず、これから出会う方々へも幅広く届け続けていくことが地元企業の使命のように思われます。長い間に培われた技術を残すために、この土地と商品を愛し、今後にバトンを繋げられるような人間を育てていくことも課題のひとつです。確立した既存のものに驕らず、新しい可能性に挑戦する意欲を持ち続けながら、創業70周年を迎える準備と致します。

あおもり食品株式会社の事業内容について

あおもり食品株式会社は、冷凍食品や珍味類(燻製、塩辛など)を製造販売している企業です。商品はおよそ180種類存在し、地元青森の食材を活かした商品作りにも力を入れています。創業年から販売してきた主力商品「紅鮭棒燻」や「紅鮭燻製」シリーズは、アラスカの天然紅鮭を独自の製法で燻製したことにより本質の旨味を活かすことに成功し、長くお客様に愛されてきました。こうした商品の品質を維持・向上させるために、確かな目を持つ従業員による原材料の選別・検品のもと、衛生的な設備内での作業を徹底しています。こだわりの1つとして、安定した燻製が製造できる燻製製法を確立させたことが挙げられます。素材との相性を考えた木材を使用し、遠赤外線効果を高めた設備内で煙によって旨味を閉じ込め、温度技術を施すことでその素材の深奥にある更なる旨味を引き出し、保存性も高めることが可能となりました。紅鮭製品、加えて帆立貝柱の燻製品は水産庁などの各賞を受賞していますが、この製法自体にも水産庁長官賞が与えられています。このような一連の製造工程に対する衛生管理・品質管理は、全従業員が毎日毎時間ごとに決められた管理方法を遵守することで保たれています。200種類にも上る調味料や薬品の確認作業も、日々欠かすことはありません。加えて、製造している全商品への細菌検査を工場内にある検査室で毎日自主的に行っています。ひとつの商品に対し、原料、燻製後、パッケージ直前の3回検査するなど、徹底した管理を意識しています。また、工程中に発生した食品廃棄物は肥料や飼料としてほぼ100%リサイクルしており、環境への配慮も成されていると言えるでしょう。年間90品目もの新たな商品試作と既存商品の改良にも注力しているため、初めてのお客様にも長くお付き合いのあるお客様にも安心と安全と美味しさをこれからも提供し続けていこうとする姿勢が表れています。