1. TOP
  2. 生活・暮らし
  3. あすとろ出版株式会社
「企業 情報」
に関連するツイート
Twitter

LINE:危険すぎる韓国企業アプリ。個人情報をアドレス帳単位で収集する悪質な機能!Facebookをはるかに上回る危険性

RT @cwineyou: 経産省・・中小企業の優秀な技術守る気ゼロでしょ・・これ・・ 後継者難の中小の情報、外資に開放 廃業防止へ経産省:日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXMZO…

RT @cwineyou: 経産省・・中小企業の優秀な技術守る気ゼロでしょ・・これ・・ 後継者難の中小の情報、外資に開放 廃業防止へ経産省:日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXMZO…

RT @cwineyou: 経産省・・中小企業の優秀な技術守る気ゼロでしょ・・これ・・ 後継者難の中小の情報、外資に開放 廃業防止へ経産省:日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXMZO…

RT @cwineyou: 経産省・・中小企業の優秀な技術守る気ゼロでしょ・・これ・・ 後継者難の中小の情報、外資に開放 廃業防止へ経産省:日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXMZO…

RT @cwineyou: 経産省・・中小企業の優秀な技術守る気ゼロでしょ・・これ・・ 後継者難の中小の情報、外資に開放 廃業防止へ経産省:日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXMZO…

RT @cwineyou: 経産省・・中小企業の優秀な技術守る気ゼロでしょ・・これ・・ 後継者難の中小の情報、外資に開放 廃業防止へ経産省:日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXMZO…

■求人情報■ 【企業】比較.com株式会社 【募集職種】営業(宿泊予約サイトコントローラー手間いらず担当マネージャー候補) 【想定年収】年俸300万円以上 【勤務地】東京都渋谷区 goo.gl/Qj2r0g #転職

福島県の企業マスコットぶぅ( ´ e ` )ノ ときまる kfb.co.jp/special/tokima… 福島放送のマスコット。3本の触覚で色んな情報をキャッチしてるぶぅ。壁紙カレンダーもあるぶぅ~(*゚e゚)ノ

Twitterポケブ福島県のご当地キャラとブック紹介@pokeboojp

返信 リツイート 11分前

RT @cwineyou: @nishi_west_jp >技術の伝承や地方の雇用の場の確保を重視し、優良な中小企業の廃業を防ぐ狙いだ。 それがどうして「中小企業のM&A(合併・買収)情報を集めたデータベースを外資系企業に開放する」ことになるのか、全く全然これっぽっちもわから…

カテゴリー:

あすとろ出版株式会社

s_あすとろ出版株式会社

あすとろ出版株式会社の目指すところ

あすとろ出版株式会社は東京書籍の一部門と関連会社2社の合併により設立されました。ご存知の方も多いでしょうが、東京書籍は教科書関連を主に扱っている出版社です。ですからあすとろ出版株式会社も教科書関連だけを扱う出版社と思われがちですが、弊社が目指しているのはさらに広い世界です。教科書という狭い市場に留まらず、もっと広い市場を開拓するために設立されました。
東京書籍グループの一員ですので教科書関連の参考書や補助教材を出版していますが、弊社が目指しているのはデジタルを出版の世界に生かすことです。確かに教科書という特性上、教科書出版という世界は安定した販売量が期待できます。ですが、その反面パイが決まっているという弱点があります。つまり、学校で扱う以上の販売量は望めないという限界です。
あすとろ出版はそこから飛び出し新たな世界に挑戦する気持ちを持っています。教科書の出版ではない新たな世界には競争があるのは当然ですが、その反面コレボレーションができるというメリットがあります。現在、あすとろ出版はそこに焦点を当てています。
例えば、東京書籍だけではなく他社の教科書ガイドをデジタルで販売することも行っています。その際の新たな試みとして「単元単位を販売する」という取り組みを行っています。このように他社の教科書ガイドを販売するという発想はこれまでにない全く新しいユニークな試みでもあります。
今後、出版の世界がデジタル化に向かう流れを止めることはできません。紙の需要がなくなることはありませんが、主流でなくなるのは間違いのないところです。そうした流れに乗り遅れないためにあすとろ出版は設立しました。
マンガの世界では雑誌からデジタルへ移行する状況が進んでいますが、同じことが教科書の世界にも起こって不思議ではありません。しかし、現在の教育現場はデジタルの活用法が試行錯誤の状況です。そのような教育現場にデジタルテクノロジーを提案していきます。

あすとろ出版株式会社の事業内容について

出版業界においてどれほどデジタルテクノロジーが進歩しようとも土台になるのはコンテンツです。コンテンツが命であるのは時代や技術がどれほど進歩しようとも変わりはありません。そのような出版の世界において最も大切なのは著作権保護です。現在当社は他社のコンテンツをデジタル販売するということも行っていますが、著作権管理には細心の注意を払い取り組んでいます。
現在、当社が力を入れていますのはデジタルコンテンツの開拓ですが、例えば、一昔前と現在では子供たちのデジタル機器への接し方は全く変わっています。こうした変化はデジタルコンテンツとの接し方にも変化を与えます。そのような環境で育っている現在の子供たちに対して教育現場も対応する必要があります。
あすとろ出版はそのような子供たちに向けて教科書ガイドのダウンロード販売をはじめています。子供たちが気軽に勉強に取り組むきっかけになることを期待しています。昔の発想のままの人の中には「勉強現場に便利さを持ち込みすぎること」に抵抗感を持つ人もいますが、旧態依然としていることは反対に子供たちの勉強意欲を削ぐことにつながります。教育現場もデジタルの効用性を受け入れる土壌が必要です。
また、デジタルコンテンツに相応しい科目のひとつに英語がありますが、英語学習にはリスニングやスピーキングに対応する教材が欠かせません。デジタルと最も相性がより教科です。これまでに実際に利用した方から、当社のデジタルコンテンツが「英語学習に効果を発揮している」という感想もいただいております。
あすとろ出版の目指しているところは、これまでの発想を超えた新たな出版の世界です。その手始めとして教科書ガイドのデジタル化による販売を行っています。今後、デジタルの波はいろいろな方面に広がっていきます。そのような時代を見据えてデジタルの世界を開拓していきます。