1. TOP
  2. 生活・暮らし
  3. あすとろ出版株式会社
「企業 情報」
に関連するツイート
Twitter

【ITパスポート】SCM:IT技術を活用し、各関連部門や企業との間で情報を共有するかことにより、ムダを省き、コストダウンを図り、収益を上げられる。

Twitter IT_passport_bot ITパスポートbot

返信 リツイート 7分前

スマートフォンやパソコンからインターネットで電話番号から全国の電話帳に掲載されている企業や個人の氏名と住所の情報が無料で検索できます電話帳に掲載されている企業や個人だけど

Twitter BillupsCoyn34 小遣いUPとディズニー好

返信 リツイート 41分前

【採用担当に聞いた、内定を取れる人の特徴①】 ◯情報収集能力が高い人 『情報収集の方法』 1.就活セミナー ・ES・面接・GD対策講座 2.インターネット ・企業のHP ・大学就活課HP 3.情報誌 ・就活情報誌 ・業界研究本 4.ニュース ・日本経済新聞 ・ニュースアプリなど

Twitter ashitahareruya0 【19卒】就活情報.com【公式】

返信 リツイート 42分前

3年3割という離職率。 情報を簡単に得られ、転職サービスが充実している中「辞めるな」は無理がある。 隣の芝生は青く見えてしまうのだ。 就活前に企業と触れ合う機会を与えていない社会にこそ問題があると思う。

Twitter gaisyusyukatsu 外資就活ナビ

返信 リツイート 47分前

飲食業界はこれから成長を迎えます。レストラン求人ドットコムの掲載店舗は優良企業・成長企業・安定企業の求人情報をアップしています!restaurantkyujin.com #レストラン求人ドットコム

Twitter love_restaurant レストラン求人ドットコム

返信 リツイート 47分前

ハイエンド学生の恐ろしき情報力。本命はあの企業newspicks.com/news/929864/bo…

Twitter rikezyosyukatsu 理系女子のための就活情報

返信 リツイート 47分前

RT @kounoyurie: 日本共産党の藤田りょう子都議(大田区選出)は、小池知事の豊洲移転への方針転換や特命随意契約への変更を批判。東京五輪の選手村都有地が基準地価の10分の1で民間企業に売却された問題の情報公開資料は黒塗りと指摘。「知事の情報公開方針に逆行している」と全…

Twitter 999ys 菅谷 嘉晃

返信 リツイート 49分前

本日午後1時からステージドアビジネス交流会開催です。 起業家&サラリーマン&事業主&ビジネスマン&女性経営者&企業家の集まり場です。 新ビジネス情報提供 ビジネスパートナー発見 事業資金調達情報提供 事業資金を得てビジネスパートナーを得て新ビジネスを得れば🎵先ずは年収1千万円獲得 フランチャイズ チェーン...

【注目!ESでは絶対に落とさない企業一覧】 文化放送 サイバーエージェント 中日新聞社 毎日新聞社 東京書籍 伊藤忠テクノソリューションズ NECネッツエスアイ 富士通マーケティング トレンドマイクロ 電通国際情報サービス アイ・ティ・フロンティア NTTソフトウェア など

Twitter _shu_katsu_ 就活生はこれを見ろ!

返信 リツイート 55分前

【まんけん!AG-ONで解決した謎①】 「コンプライアンス」 主に企業が法令などを守ること、法令遵守 「潜水艦を作った兄弟の名前」や「ファミレスの店名」という偽情報が二人を苦しめた。 #まんけん

Twitter mankenag_onbot まんけん!AG-ON 非公式bot

返信 リツイート 4:12

カテゴリー:

あすとろ出版株式会社

s_あすとろ出版株式会社

あすとろ出版株式会社の目指すところ

あすとろ出版株式会社は東京書籍の一部門と関連会社2社の合併により設立されました。ご存知の方も多いでしょうが、東京書籍は教科書関連を主に扱っている出版社です。ですからあすとろ出版株式会社も教科書関連だけを扱う出版社と思われがちですが、弊社が目指しているのはさらに広い世界です。教科書という狭い市場に留まらず、もっと広い市場を開拓するために設立されました。
東京書籍グループの一員ですので教科書関連の参考書や補助教材を出版していますが、弊社が目指しているのはデジタルを出版の世界に生かすことです。確かに教科書という特性上、教科書出版という世界は安定した販売量が期待できます。ですが、その反面パイが決まっているという弱点があります。つまり、学校で扱う以上の販売量は望めないという限界です。
あすとろ出版はそこから飛び出し新たな世界に挑戦する気持ちを持っています。教科書の出版ではない新たな世界には競争があるのは当然ですが、その反面コレボレーションができるというメリットがあります。現在、あすとろ出版はそこに焦点を当てています。
例えば、東京書籍だけではなく他社の教科書ガイドをデジタルで販売することも行っています。その際の新たな試みとして「単元単位を販売する」という取り組みを行っています。このように他社の教科書ガイドを販売するという発想はこれまでにない全く新しいユニークな試みでもあります。
今後、出版の世界がデジタル化に向かう流れを止めることはできません。紙の需要がなくなることはありませんが、主流でなくなるのは間違いのないところです。そうした流れに乗り遅れないためにあすとろ出版は設立しました。
マンガの世界では雑誌からデジタルへ移行する状況が進んでいますが、同じことが教科書の世界にも起こって不思議ではありません。しかし、現在の教育現場はデジタルの活用法が試行錯誤の状況です。そのような教育現場にデジタルテクノロジーを提案していきます。

あすとろ出版株式会社の事業内容について

出版業界においてどれほどデジタルテクノロジーが進歩しようとも土台になるのはコンテンツです。コンテンツが命であるのは時代や技術がどれほど進歩しようとも変わりはありません。そのような出版の世界において最も大切なのは著作権保護です。現在当社は他社のコンテンツをデジタル販売するということも行っていますが、著作権管理には細心の注意を払い取り組んでいます。
現在、当社が力を入れていますのはデジタルコンテンツの開拓ですが、例えば、一昔前と現在では子供たちのデジタル機器への接し方は全く変わっています。こうした変化はデジタルコンテンツとの接し方にも変化を与えます。そのような環境で育っている現在の子供たちに対して教育現場も対応する必要があります。
あすとろ出版はそのような子供たちに向けて教科書ガイドのダウンロード販売をはじめています。子供たちが気軽に勉強に取り組むきっかけになることを期待しています。昔の発想のままの人の中には「勉強現場に便利さを持ち込みすぎること」に抵抗感を持つ人もいますが、旧態依然としていることは反対に子供たちの勉強意欲を削ぐことにつながります。教育現場もデジタルの効用性を受け入れる土壌が必要です。
また、デジタルコンテンツに相応しい科目のひとつに英語がありますが、英語学習にはリスニングやスピーキングに対応する教材が欠かせません。デジタルと最も相性がより教科です。これまでに実際に利用した方から、当社のデジタルコンテンツが「英語学習に効果を発揮している」という感想もいただいております。
あすとろ出版の目指しているところは、これまでの発想を超えた新たな出版の世界です。その手始めとして教科書ガイドのデジタル化による販売を行っています。今後、デジタルの波はいろいろな方面に広がっていきます。そのような時代を見据えてデジタルの世界を開拓していきます。