1. TOP
  2. サービス
  3. いすゞ車体株式会社
「企業 情報」
に関連するツイート
Twitter

子会社における吸収合併に関するお知らせ | 2017年度 | ニュースリリース | 企業・IR情報 | 【KEIKYU WEB】京急電鉄オフィシャルサイト keikyu.co.jp/company/news/2… 京急バスも1社にまとめるのか。営業所記号も元に戻るのかな? @

Twitter mamma_to_hawks まんま[MaMMa] - 20秒前

リツイート 返信

RT @GSI_chiriin: 【リリース】ビッグデータを活用した地形図の修正を開始します。 そのためスマホなどで登山者が取得した移動経路情報を提供いただける企業・団体を募集します! 詳細はこちら→gsi.go.jp/kihonjohochous… https://t.co/py…

Twitter gsi_oyochiri 国土地理院応用地理部 - 20秒前

リツイート 返信

一方的な情報伝達ではなく、コミュニティに受け入れられるためのコミュニケーションが必要なのです《メディア化する企業はなぜ強いのか?》

Twitter 4w1amr77 キタサンブラック - 34秒前

リツイート 返信

イベント情報【Pet博2017 in 広島】10/21(土)・22日(日) 広島市中小企業会館 総合展示館(広島市西区商工センター1-14-1) ダヤンコーナーもちょこっとだけ登場。ぜひお立ち寄りください。… twitter.com/i/web/status/9…

Twitter wachifield_com 株式会社わちふぃーるど - 2分前

リツイート 返信

「正確な情報」を入手するには:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/SDI20… ”民間企業や個人が、サイトのドメイン名に「go.jp」や「ac.jp」を使用するこ とはできません”正確には「(ドメイン登録者である)政府等から許可を得ていない民間企業や個人が」かな。

G-Searchを契約した! これにより、1984年から今日までの新聞の記事を検索できるのと、TDBやTSR提供の企業情報も調べる事ができる。ただ、情報料が高い。新聞記事は各1件辺り、見出し10円、本文150円。さっき250件見て… twitter.com/i/web/status/9…

RT @jcposiage: 共産党は、若者を使い捨てにするブラック企業を規制する法案を提出。その後、厚労省は全国五千社以上に立ち入り調査を開始。ブラック企業の見極め方=離職率の公表につながる。情報公開と、長時間労働の規制、パワハラ根絶にも力を入れている。どの…

優良ベンチャー企業探しの新定番。ベンチャーに特化した圧倒的情報量と数々の就活対策セミナーで知名度上昇中。goodfind.jp

Twitter shukatsu_kakume 就活革命2017 - 8分前

リツイート 返信

...現在、就職率が良いのは、少子高齢化で、団塊の世代が退場するか、低賃金の職場へ再就職するので、企業に空きが出ることと、若者の人口が減ってるから、ほとんど全員就職できるからだろう。 これからは、どこ...増えている。 ただ、彼ら、彼女たちが、今を正しく理解するため、彼ら、彼女たちがきちんと判断できる正しい情報を提示する

Facebook 笠原 光平 - 16分前

@ayasegiken @mcb_9630 バブル時代に日本企業がアメリカで滅茶苦茶やった時の記憶を引きずっている人が、アメリカの大統領ですからね。 しかも、彼は本を一切読まず、一日何時間もTVを見て「情報収集している」のだそうです。

Twitter HaruhiMochiduki 望月ハルヒ - 17分前

リツイート 返信

カテゴリー:

いすゞ車体株式会社

s_いすゞ車体株式会社

いすゞ車体株式会社の目指すところ

いすゞ車体株式会社は、世界に認められる「お客さま最優先」を実現できる組織になることを目指しており、日々前進を続けています。

そのためには、品質基本方針に沿った品質マネジメントシステムの更なる充実と運用を強力に推進することが必要であり、役職員一番となって、改善を推し進めています。

いすゞ車体株式会社は、お客さまが喜ぶ、優れた品質の商品とサービスを創り出し、お客さまからの信頼獲得を目指しています。

その実現のため、安全、品質をすべてに優先させた品質保証システムを構築し、すべての役職員はこれを遵守して、それぞれが担当している業務の改善を続けています。

品質基本目標として、お客さまからのクレームをゼロにすることに挑戦しています。また、お客さまへの納期遵守率100パーセントに挑戦し、お客さま満足度100パーセントにも挑戦しています。

環境理念として、いすゞ車体株式会社は、いすゞグループの一員として、「いすゞ地球環境憲章」に従って、持続可能で豊かな社会を実現し、環境への負荷を低下させ、社会活動への協調参加を目指しています。また、地球環境の継続的な保全にも積極的に取り組んでいきます。

いすゞ車体株式会社は、商用自動車の改造、架装、ドレスなどに関する事業活動を通じ、社会および地球環境との調和を目指しています。自分たちの事業が、環境に与えうる影響をきちんと理解した上で、環境に対する負荷を極力少なくするよう努力していきます。

そのために、事業活動に伴う電気、ガスなどのエネルギー使用量は極力削減し、二酸化炭素排出抑制につとめています。また、廃棄物の発生量削減にも常に努力し、分別を徹底することによって再利用を推進しています。

さらに、環境に関連する法律、規制、自主基準などを遵守して業務を行い、環境保全を全社で推進しています。

いすゞ車体株式会社の事業内容について

いすゞ車体株式会社は、1994年12月1日に設立され、神奈川県藤沢市に所在地があります。事業内容として、いすゞ自動車株式会社が製造するすべての自動車のドレスアップ、シャーシー解像、架装工事を行っています。

また、藤沢市にある本社と工場に加えて、地方営業拠点として、愛知県一宮市に名古屋駐在事務所を構えています。さらに、2008年5月からタイにも工場を設置し、グローバルに事業展開を行っています。

主力事業の一つであるドレスアップオプションでは、小型オプションで約450種類、中型・大型オプションで約550種類を取り揃えています。すべてを合わせると、約1,000種類を超えるメニューがあり、お客さまのあらゆるニーズに応えるラインナップになっています。

また、シャーシー改造技術の高さにも定評があります。商業用自動車は、仕様目的によって求められる構造が違います。標準仕様になっている車型であっても、ビジネス形態に合わせて改造を行うことによって、機能を向上させることが可能になります。

あらゆるいすゞ自動車の改造を、経験豊富なメカニックとスタッフが柔軟に対応しており、各種の法令、規制に適合し、架装に合わせたシャーシーを制作しています。

架装は、働く自動車を製造することであり、輸送、作業、官公庁向けなどの架装を行っています。また、教習所や試験場で使われる車両の架装も手掛けています。最近は、生活、福祉、医療サービスを目的とする車両の架装依頼が増えています。

市民生活に密着して、生活をより豊かに、ビジネスをより広範囲に行えるようサポートするための車両を製造しています。いすゞ車体株式会社が培ってきたノウハウと知見を最大限に活用し、限られた空間でしかできないことを車両とマッチングさせることによって、可能性を大きく広げるためのお手伝いをしています。