1. TOP
  2. サービス
  3. いすゞ車体株式会社
「企業 情報」
に関連するツイート
Twitter

はてなブログに投稿しました #はてなブログ情報処理技術者・中小企業診断士・宅建≫ 試験当日!!あきらめたらそこで試験終了ですよ・・・? - 資格どうでしょう 中年サラリーマンの資格挑戦ブログ shikakudodesyo.com/entry/2018/10/…

RT @cwineyou: 経産省・・中小企業の優秀な技術守る気ゼロでしょ・・これ・・ 後継者難の中小の情報、外資に開放 廃業防止へ経産省:日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXMZO…

「エスプレッソで」 ライター仲間の元イタリアンシェフさん。 「なるはやで」 大阪ものかき隊の編集さん 業界用語? 25年前の病院勤務(検査室)では、 「至急」 その後転職した外資系企業R&Dでは 「ASAP」 今の大企業完全子会社は技術情報を扱う 「出来る限りの早めの納期で」😁

Twitter大杉おれんじ(兼業ライター)@4150orange2017

返信 リツイート 3分前

<優良企業情報>【アフラック】がん保険や医療保険を中心とした“生きるための保険”のリーディングカンパニー。保険商品の販売方法として独自の「販売代理店制度」を採用。その他の優良企業はこちら⇒on.fb.me/nggt77 #shukatsu #就職活動 #就活

Twitter【15卒】ベンチャー就活@venture_2015

返信 リツイート 10分前

情報機関、ハッカー大会でスパイ発掘 サイバー攻撃に対抗: 英情報機関、ハッカー大会でスパイ発掘 サイバー攻撃に対抗 ... 機関のコンピューターシステムにも侵入できるような、ハッキングの才能を持つ10代の若者たちだ。 ... 治安当局、政府機関、民間企業が活用できる人材を増やすため、ハッカー大会は ... www.google.com dlvr.it/Qnyy2n

RT @cwineyou: 経産省・・中小企業の優秀な技術守る気ゼロでしょ・・これ・・ 後継者難の中小の情報、外資に開放 廃業防止へ経産省:日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXMZO…

企業信用調査とは、新規取引先は勿論のこと既存取引先も含め、企業間の取引上でのトラブルを未然に防ぐ事を目的とした調査です。 総合調査Aisの企業信用調査は独自のネットワークと専門調査員によって必要な情報をくまなく収集します。ais-japan.jp/saiyou.html

Twitter大阪の採用調査会社@Vanquish_nine

返信 リツイート 18分前

RT @cwineyou: 経産省・・中小企業の優秀な技術守る気ゼロでしょ・・これ・・ 後継者難の中小の情報、外資に開放 廃業防止へ経産省:日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXMZO…

Twitterらくたー・なすらっぷ@rakutar2

返信 リツイート 20分前

[企業研究] 2012年用の就職サイトなら詳細な情報が既に載っている。

【スキマ時間を利用する】 就活では意外と、会場への移動時間が多いです。 その間に企業情報を調べたり、 SPIの一問一答をやったりすると、 そんなスキマ時間さえも対策をすることができます。 電車などの移動時間をうまく使いましょう!

Twitter就活で人生を劇的に変える!@skt2018snrgk

返信 リツイート 23分前

カテゴリー:

いすゞ車体株式会社

s_いすゞ車体株式会社

いすゞ車体株式会社の目指すところ

いすゞ車体株式会社は、世界に認められる「お客さま最優先」を実現できる組織になることを目指しており、日々前進を続けています。

そのためには、品質基本方針に沿った品質マネジメントシステムの更なる充実と運用を強力に推進することが必要であり、役職員一番となって、改善を推し進めています。

いすゞ車体株式会社は、お客さまが喜ぶ、優れた品質の商品とサービスを創り出し、お客さまからの信頼獲得を目指しています。

その実現のため、安全、品質をすべてに優先させた品質保証システムを構築し、すべての役職員はこれを遵守して、それぞれが担当している業務の改善を続けています。

品質基本目標として、お客さまからのクレームをゼロにすることに挑戦しています。また、お客さまへの納期遵守率100パーセントに挑戦し、お客さま満足度100パーセントにも挑戦しています。

環境理念として、いすゞ車体株式会社は、いすゞグループの一員として、「いすゞ地球環境憲章」に従って、持続可能で豊かな社会を実現し、環境への負荷を低下させ、社会活動への協調参加を目指しています。また、地球環境の継続的な保全にも積極的に取り組んでいきます。

いすゞ車体株式会社は、商用自動車の改造、架装、ドレスなどに関する事業活動を通じ、社会および地球環境との調和を目指しています。自分たちの事業が、環境に与えうる影響をきちんと理解した上で、環境に対する負荷を極力少なくするよう努力していきます。

そのために、事業活動に伴う電気、ガスなどのエネルギー使用量は極力削減し、二酸化炭素排出抑制につとめています。また、廃棄物の発生量削減にも常に努力し、分別を徹底することによって再利用を推進しています。

さらに、環境に関連する法律、規制、自主基準などを遵守して業務を行い、環境保全を全社で推進しています。

いすゞ車体株式会社の事業内容について

いすゞ車体株式会社は、1994年12月1日に設立され、神奈川県藤沢市に所在地があります。事業内容として、いすゞ自動車株式会社が製造するすべての自動車のドレスアップ、シャーシー解像、架装工事を行っています。

また、藤沢市にある本社と工場に加えて、地方営業拠点として、愛知県一宮市に名古屋駐在事務所を構えています。さらに、2008年5月からタイにも工場を設置し、グローバルに事業展開を行っています。

主力事業の一つであるドレスアップオプションでは、小型オプションで約450種類、中型・大型オプションで約550種類を取り揃えています。すべてを合わせると、約1,000種類を超えるメニューがあり、お客さまのあらゆるニーズに応えるラインナップになっています。

また、シャーシー改造技術の高さにも定評があります。商業用自動車は、仕様目的によって求められる構造が違います。標準仕様になっている車型であっても、ビジネス形態に合わせて改造を行うことによって、機能を向上させることが可能になります。

あらゆるいすゞ自動車の改造を、経験豊富なメカニックとスタッフが柔軟に対応しており、各種の法令、規制に適合し、架装に合わせたシャーシーを制作しています。

架装は、働く自動車を製造することであり、輸送、作業、官公庁向けなどの架装を行っています。また、教習所や試験場で使われる車両の架装も手掛けています。最近は、生活、福祉、医療サービスを目的とする車両の架装依頼が増えています。

市民生活に密着して、生活をより豊かに、ビジネスをより広範囲に行えるようサポートするための車両を製造しています。いすゞ車体株式会社が培ってきたノウハウと知見を最大限に活用し、限られた空間でしかできないことを車両とマッチングさせることによって、可能性を大きく広げるためのお手伝いをしています。