1. TOP
  2. 生活・暮らし
  3. おぼろタオル株式会社
「企業 情報」
に関連するツイート
Twitter

だって選挙で選んでないしー 買うかどうかは…… ああ、国民の情報に対する意識のバロメーターではあるかな 本来なら企業活動じゃなくて、国の重要な機能に位置付けるべきだよね、報道機関

志望企業情報は、徹底的に調べ尽くせ。 他の就活生に負けてはいけない。 インプットの量で負けていては、アウトプットで勝てるわけがないのだから。

企業情報じゃなくて伊坂幸太郎読みたい

RT @himawarino878: 企業側による秩序範囲を超えた悪用の危険性…既にその状況です。誤認登録を被った被害者は日々いたぶられ続けています。人権は剝奪され、人格はゆがめられ、犯罪者のような扱いを受けます。たった一人の人間の誤解から不審者とされ、情報があらゆるところへ拡…

返信先:@sa_ya_19_39 新入生勧誘期間に売られるサークル情報誌があって、そこに大きい広告を出していたので、そこそこ有名だったと思います。企業的な広告で怪しさ満点だったので早稲田内でひっかかる人は少ないのでは、と友人と話したりしてました。

今年2019年の大下落要因(オハギャー候補)は「中国経済の想像以上の失速」だと思ってます。 中国は正しい情報をちゃんと報道しないので、公開されている数字以上に状況は悪いと予想しています。 これが顕在化するのは、中国に依存している企業の業績悪化です。これらは『決算発表』で分かります。

Twitter株式投資犬♂タロー@happy_taro6

返信 リツイート 7分前

公務員試験対策でも有益な情報。 民間企業よりコストが厳しい中で街を活性化させる難易度は高いです。 安定安泰の思考回路はおしまいにしましょう、地方もこれからどんどん再編します。 facebook.com/story.php?stor…

Twitter大阪梅田ワイズ就活塾塾長 松原@yot_biyou

返信 リツイート 7分前

気になる企業さんのnoteは非常に素晴らしいものだと思うけれど、noteの実態はその理念とは裏腹に情報商材屋のインチキゴミが大量に掃いて捨てるほどある。

ふわっとした思い付きだけど、クラウドファンディングみたいに、少額短期というか互助会みたいにリスクをシェアするプラットフォームって造れないのかな? 「保険」と呼ぶとみんな他力本願になりそうだから、本来の意味の「共済」的な。 ベンチャーとか、持たざる企業の個人情報リスクとか高いと思う

RT @townjoho: タウン情報東京都は、まちづくりの推進を図る活動をテーマにしており、特定企業の紐付きでない法人格を持たないNPO(市民活動団体)、「まちづくり推進活動団体」(NPO)として活動しています。 東京都、近郊のイベントなど地域情報を発信しますので記事をお寄…

Twitterシステムサポート札幌情報課鬼瓦課長@onigawarakakari

返信 リツイート 13分前

カテゴリー:

おぼろタオル株式会社

s_おぼろタオル株式会社

おぼろタオル株式会社の目指すところ

おぼろタオル株式会社とは、明治41年9月に創業し、大正7年8月に設立、大正15年に現在の名前に改称された、三重県津市にあるタオル製造会社です。
明治41年に、三重県津市において創業者森田庄三郎が「朧染タオル製造法」の専売特許で創業し、タオルに図柄をのせるためヨコ糸だけが染まる技術を開発し、白いパイルの下におぼろげな模様を描いたのがその名の由来となっています。
「おぼろタオル」は日本のお風呂文化にこだわり続けた商品づくりで、国内では、数少ない「織、加工、縫製」の一貫ラインによって生産され、適度な厚みがあり、肌のあたりがやわらかいのに絞りやすく、抜群の吸水性の特性で、乾きが速いこのタオルは、これ一枚で洗ったり、拭いたりすることができる利便性から、お風呂が好きな日本人に親しまれ、100年以上も使われ続けてきました。この独特の風合いの秘密は、通常のタオルの約半分という細いパイル糸と、それを絶妙のバランスで支える細糸の地組織で、繊細な技術と伝統と匠の技の結晶とも言えるものとなっていて、おぼろタオルが創業以来取得した特許の数は合計で11件のも及んでいます。
おぼろタオル株式会社では、このふわふわとした優しい風合いとすぐれた吸水性をもつタオルは、朝一番の爽快な気分や元気のもととなり、その機能性と味わいこそがタオルの命であるとしています。製織から晒・染色加工、仕上げ、発送まで生産体制と充分な管理機能をもつ「タオル製造一貫作業工程」がおぼろタオルの「こだわり」のもとであるとし、おぼろタオルのやさしい肌触り、抜群の吸水性、細糸使いによる独特の織り組織が支えるその機能性に加え、一度使ったら忘れられない心地よい風合いにもこだわり、格安なタオルが手に入る輸入品などがある中で、おぼろタオルを好んで選んでもらえる「オンリーワン」であるよう、100余年の歴史と伝統に恥じない真価を、いつまでも問い続けることを目指すとしています。

おぼろタオル株式会社の事業内容について

おぼろタオル株式会社の事業内容としては、「バスタオル」「フェイスタオル」「ウォッシュタオル」「マフラータオル」「ベビー用品」の生産を行っています。
「おぼろタオル」の多くは、紡績糸でタオルを織ってから、晒し(さらし)・染色・洗いの工程を経る「後晒製法」で製造され、綿本来の性質を傷めることなく、その良さを最大限引き出しています。
タオルは、経糸と緯糸ともう一本、ループ状のパイル糸からできていて、その経糸とパイル糸を1本の糸を手繰り寄せて巻き取る工程をおこない、織機にかける準備をします。整経工程で作られた経糸のビームとパイル糸のビームを大きな織機に乗せ、経糸を繋ぎ緯糸を打ち込んで織り込んでいきます。織機で織りあがったばかりの反物状の生地の縁は切りっぱなし状態なので、後工程でほつれるのを防ぐため、タオルの両端にミシンをかけます。おぼろタオルの名前の由来となった創業時専売特許技術で、おぼろ染めの工程を行ったあと、タオルを晒して、織物や糸から不純物や糊を取り除き白く漂白する工程をおこないきれいにします。おぼろタオルは後晒し製法にこだわっていて、これによって綿本来が持つ高い吸水性を最大限に引き出しています。染色工程によって、後晒し製法で白く晒されたタオルを染めていき、ウィンス工程で、湯洗いと水洗いを繰り返しおこない、染料や残った汚れなどをきれいに洗い流します。その後タオルを乾かし、つながったタオルを一枚一枚切り離します。切り離したタオルの切断面に一枚一枚手作業で丁寧にミシンをかけます。タオルに絵や文字をプリントし、不良品がないかを検査し整理します。
2014年には、新たに特許出願した新おぼろ染商品、県内のコラボによるベビー用縫製品等、多くのオリジナル商品を立ち上げ、企画提案型製造販売事業にも力を注いでいます。