1. TOP
  2. サービス
  3. きた産業株式会社
「企業 情報」
に関連するツイート
Twitter

オニャンコポンの企業案件は水耕栽培の情報商材であってほしいと私は思います。😌💕

RT @YamatoPatriot: #LINE は、#韓国🇰🇷企業です。 情報漏洩に注意しましょう。 #メッセンジャー の方がいいと思う。 pic.twitter.com/gTK5jWLRk4

返信先:@hana_65534他2人 そうですね。 先程のツイートの後者ですが、経営者が本来的な意味での経営改善努力は勿論として、それ以上に学習・情報収集・挑戦をしないのがネックですね(当然従業員も同様です)。 これが大企業勤め(直近)だとまた変わるので、人材育成の重要性を感じます。意識が低いのも考えものですね苦笑

RT @shibuya1972: つい最近、炎上必至のジェンダー表象案件に某所で出くわし、世間に出回る前に待ったをかけたばかり。「今はこういう本が出る時代ですよ」と治部れんげさんの『炎上しない企業情報発信 ジェンダーはビジネスの新教養である』を挙げて意見したが、どうなることか。…

Twitterヨモギウ アレイ 🍤@limeA

返信 リツイート 3分前

business process outsourcing:企業が自社の業務処理(ビジネスプロセス)の一部を、外部の業者にアウトソーシングすること。IT関連用語としてのアウトソーシングは、情報システムの企画・立案から開発、運用管理などの一部または全部を外部委託すること。

RT @JollyAzure: @harumi19762015 種子を特定企業の独占物にするのはマズイですね。開発主の利益保護なら医薬品のように一定の独占販売期間を設ければ済む話。 生物種にとって多様性の喪失は環境変化に対する脆弱性そのもの。遺伝情報は一度淘汰されれば、開発の止…

Twitter白途黒@DQB2プレイ中。@4610kuro

返信 リツイート 4分前

情報の流れや世の中の動きの表面的なものに惑わされず真相を見抜くための指標は「おカネの流れ」です。日本が9条を破棄して軍備を拡張すればおカネもうけできるのはどこの国ですか?国内企業では?ネトウヨを洗脳して著書が売れメディアへの露出が増える人たちは? #憲法改正 ##憲法

Twitter憲法明記→米軍下請→犬死→英霊@memx789

返信 リツイート 7分前

求人情報はここに注意! ブラック企業アナリストが教える「ブラック企業の見分け方」|新R25 r25.jp/article/648534…

入社したら最後……!?求人情報と面接でわかるブラック企業の見分け方 chanto.jp.net/work/technique… #スマートニュース

●転職の方法 薬剤師が転職するには、 ・ハローワークで探す ・各企業のサイトから申し込む ・知り合いを通す ・転職サイトを利用する といった方法があります。 この中で、求人情報の質が高く、かつ、交渉を有利に進められるのは転職サイトのコンサルタントを利用したときだけです。

Twitter薬剤師年収アップ相談@pharmacist_net

返信 リツイート 9分前

カテゴリー:

きた産業株式会社

s_きた産業株式会社

きた産業株式会社の目指すところ

きた産業株式会社は、1916年にガラス瓶に使用するコルク栓の輸入販売・加工業である「喜多鐵之助商店」として創業、1943年に「喜多産業株式会社」となり、2006年より現在の商号に変え、キャップ・クロージャー、PETボトル、加熱機能付き容器の製造、パッケージ資材のデザインなどを手がける会社で、大阪と東京に事業所があります。
きた産業株式会社は、「お客様の商品の付加価値を高めるパッケージ資材とパッケージング機械」「他社にない独自の技術開発、モノづくり、商品企画」を企業理念として、清酒、焼酎、ビール、ワインなどのアルコール飲料のパッケージ資材と、ガス飲料用、ロータリー充填機、自動充填機などの機械を中心に、固有技術と販売ネットワークをいかして、さらに食品や金属部品、カー用品などの新しい分野にも事業展開をすることを目指しています。
「競合他社より、より高い品質レベルと技術レベルの製品に挑戦するために継続的改善を行い、得意先に信頼され満足される製品を提供する」という「品質方針」のもと、100年を超える歴史の中で培ってきた技術とノウハウをもとに、商品価値を向上させるユニークな技術開発への取り組みや、「ものづくり」へのこだわりなど、ユニークな企画力と他にない独自性で、多様化し変化し続けるニーズにいち早く対応しすることとしています。さらに、常に柔軟な発想でパッケージの企画・デザインや、パッケージの中身である「充填」にも対応し商品に合わせた製造設備の開発を行うなど、強みである「付加価値」をさらに追求し、商品の付加価値づくりに効果的な経営を目指すところとしています。
また、年度ごとに具体的な数値目標を含む品質目標を定めて、製品の継続的な品質向上を図るとともに、他社にない独自の技術開発やモノづくり、商品企画に挑戦する企業を目指し、企業活動のすべてにおいて質的強化を図るとしています。

きた産業株式会社の事業内容について

きた産業株式会社の事業内容としては、「キャップ、プラスチックボトル、加熱機能付き容器などの製造販売」「ガラス瓶、ラベル、アルミ缶などのデザイン、商品企画」「ビン詰め、缶詰機械やワイン醸造設備などの機械設計」などを行っています。
キャップ、プラスチックボトル、加熱機能付き容器などの製造をおこなう「KKディビジョン」と飲料パッケージの商品開発やデザインをおこなう「K2ディビジョン」、そして缶詰・ビン詰機械や飲料用ガス関連機器の開発をおこなう「ROOTSディビジョン」の開発・デザイン・製造の3部門が連携しあって経営を行っています。
キャップや王冠、キャップシールなどのデザインにはたくさんの種類があり、キャップの種類もサケびん口のキャップ、PPキャップ、ワイン栓、スパークリングキャップなど豊富に取り扱っています。パッケージは、クリアカートン、クラフトパッケージ、ポリ袋などから、コックやカップ、お酒のアルミ缶、お酒に関するマスや柄杓、木箱などの木製品やお酒や食品に加えることができる金箔に至るまで、幅広く取り扱っています。
またお酒の量り売り用の樽やグラス、ビンなどの容器も扱っていて、ビンも種類や形、デザインが豊富でこだわりのあるものとなっています。
その他、ビール充填機、 ビール、スパークリング清酒・ワインのための、缶詰め・びん詰め機、少量生産・ラボ用のボトル缶・PETボトル用充填・打栓機などの機械も取り扱っています。
清酒、焼酎、ワイン、クラフトビールなど酒類分野では全国過半の酒造メーカーと取引をおこなっていて、これらのパッケージ資材から醸造設備まで総合的提案力があり、大手ビ-ルメーカー4社において研究用機器が採用されていて、更に違う分野の製品・自動車用の蒸散消臭缶を製造する等、ユニークな事業展開を行っています。