1. TOP
  2. サービス
  3. きた産業株式会社
「企業 情報」
に関連するツイート
Twitter

興味津々です! M&Aのビジネスをはじめます! | 日本M&A業界に新たな変化を!中小企業のスモールM&Aを情報発信するメディア www.nihon-ma.jp/blog/start/

Facebook 池田 道治 - 24秒前

RT @GSI_chiriin: 【リリース】ビッグデータを活用した地形図の修正を開始します。 そのためスマホなどで登山者が取得した移動経路情報を提供いただける企業・団体を募集します! 詳細はこちら→gsi.go.jp/kihonjohochous… https://t.co/py…

Twitter gsi_oyochiri 国土地理院応用地理部 - 50秒前

リツイート 返信

子会社における吸収合併に関するお知らせ | 2017年度 | ニュースリリース | 企業・IR情報 | 【KEIKYU WEB】京急電鉄オフィシャルサイト keikyu.co.jp/company/news/2… 京急バスも1社にまとめるのか。営業所記号も元に戻るのかな? @

Twitter mamma_to_hawks まんま[MaMMa] - 50秒前

リツイート 返信

一方的な情報伝達ではなく、コミュニティに受け入れられるためのコミュニケーションが必要なのです《メディア化する企業はなぜ強いのか?》

Twitter 4w1amr77 キタサンブラック - 1分前

リツイート 返信

イベント情報【Pet博2017 in 広島】10/21(土)・22日(日) 広島市中小企業会館 総合展示館(広島市西区商工センター1-14-1) ダヤンコーナーもちょこっとだけ登場。ぜひお立ち寄りください。… twitter.com/i/web/status/9…

Twitter wachifield_com 株式会社わちふぃーるど - 2分前

リツイート 返信

「正確な情報」を入手するには:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/SDI20… ”民間企業や個人が、サイトのドメイン名に「go.jp」や「ac.jp」を使用するこ とはできません”正確には「(ドメイン登録者である)政府等から許可を得ていない民間企業や個人が」かな。

G-Searchを契約した! これにより、1984年から今日までの新聞の記事を検索できるのと、TDBやTSR提供の企業情報も調べる事ができる。ただ、情報料が高い。新聞記事は各1件辺り、見出し10円、本文150円。さっき250件見て… twitter.com/i/web/status/9…

RT @jcposiage: 共産党は、若者を使い捨てにするブラック企業を規制する法案を提出。その後、厚労省は全国五千社以上に立ち入り調査を開始。ブラック企業の見極め方=離職率の公表につながる。情報公開と、長時間労働の規制、パワハラ根絶にも力を入れている。どの…

優良ベンチャー企業探しの新定番。ベンチャーに特化した圧倒的情報量と数々の就活対策セミナーで知名度上昇中。goodfind.jp

Twitter shukatsu_kakume 就活革命2017 - 8分前

リツイート 返信

...現在、就職率が良いのは、少子高齢化で、団塊の世代が退場するか、低賃金の職場へ再就職するので、企業に空きが出ることと、若者の人口が減ってるから、ほとんど全員就職できるからだろう。 これからは、どこ...増えている。 ただ、彼ら、彼女たちが、今を正しく理解するため、彼ら、彼女たちがきちんと判断できる正しい情報を提示する

Facebook 笠原 光平 - 17分前

カテゴリー:

きた産業株式会社

s_きた産業株式会社

きた産業株式会社の目指すところ

きた産業株式会社は、1916年にガラス瓶に使用するコルク栓の輸入販売・加工業である「喜多鐵之助商店」として創業、1943年に「喜多産業株式会社」となり、2006年より現在の商号に変え、キャップ・クロージャー、PETボトル、加熱機能付き容器の製造、パッケージ資材のデザインなどを手がける会社で、大阪と東京に事業所があります。
きた産業株式会社は、「お客様の商品の付加価値を高めるパッケージ資材とパッケージング機械」「他社にない独自の技術開発、モノづくり、商品企画」を企業理念として、清酒、焼酎、ビール、ワインなどのアルコール飲料のパッケージ資材と、ガス飲料用、ロータリー充填機、自動充填機などの機械を中心に、固有技術と販売ネットワークをいかして、さらに食品や金属部品、カー用品などの新しい分野にも事業展開をすることを目指しています。
「競合他社より、より高い品質レベルと技術レベルの製品に挑戦するために継続的改善を行い、得意先に信頼され満足される製品を提供する」という「品質方針」のもと、100年を超える歴史の中で培ってきた技術とノウハウをもとに、商品価値を向上させるユニークな技術開発への取り組みや、「ものづくり」へのこだわりなど、ユニークな企画力と他にない独自性で、多様化し変化し続けるニーズにいち早く対応しすることとしています。さらに、常に柔軟な発想でパッケージの企画・デザインや、パッケージの中身である「充填」にも対応し商品に合わせた製造設備の開発を行うなど、強みである「付加価値」をさらに追求し、商品の付加価値づくりに効果的な経営を目指すところとしています。
また、年度ごとに具体的な数値目標を含む品質目標を定めて、製品の継続的な品質向上を図るとともに、他社にない独自の技術開発やモノづくり、商品企画に挑戦する企業を目指し、企業活動のすべてにおいて質的強化を図るとしています。

きた産業株式会社の事業内容について

きた産業株式会社の事業内容としては、「キャップ、プラスチックボトル、加熱機能付き容器などの製造販売」「ガラス瓶、ラベル、アルミ缶などのデザイン、商品企画」「ビン詰め、缶詰機械やワイン醸造設備などの機械設計」などを行っています。
キャップ、プラスチックボトル、加熱機能付き容器などの製造をおこなう「KKディビジョン」と飲料パッケージの商品開発やデザインをおこなう「K2ディビジョン」、そして缶詰・ビン詰機械や飲料用ガス関連機器の開発をおこなう「ROOTSディビジョン」の開発・デザイン・製造の3部門が連携しあって経営を行っています。
キャップや王冠、キャップシールなどのデザインにはたくさんの種類があり、キャップの種類もサケびん口のキャップ、PPキャップ、ワイン栓、スパークリングキャップなど豊富に取り扱っています。パッケージは、クリアカートン、クラフトパッケージ、ポリ袋などから、コックやカップ、お酒のアルミ缶、お酒に関するマスや柄杓、木箱などの木製品やお酒や食品に加えることができる金箔に至るまで、幅広く取り扱っています。
またお酒の量り売り用の樽やグラス、ビンなどの容器も扱っていて、ビンも種類や形、デザインが豊富でこだわりのあるものとなっています。
その他、ビール充填機、 ビール、スパークリング清酒・ワインのための、缶詰め・びん詰め機、少量生産・ラボ用のボトル缶・PETボトル用充填・打栓機などの機械も取り扱っています。
清酒、焼酎、ワイン、クラフトビールなど酒類分野では全国過半の酒造メーカーと取引をおこなっていて、これらのパッケージ資材から醸造設備まで総合的提案力があり、大手ビ-ルメーカー4社において研究用機器が採用されていて、更に違う分野の製品・自動車用の蒸散消臭缶を製造する等、ユニークな事業展開を行っています。