1. TOP
  2. サービス
  3. きた産業株式会社
「企業 情報」
に関連するツイート
Twitter

nikkei.com/article/DGXMZO… 中国IT企業が謝罪 「独自開発」実はグーグルの技術 中国のIT(情報技術)関連のスタートアップ企業、紅芯時代科技は17日、独自開発したとしてきたインターネット閲覧ソフト(ブラウザー)が米グーグルの技術をベースにしていることを謝罪する声明文を発表した。

...サイト「ファイナンシャルフィールド」にて執筆させていただいております。 今回は退職金についてです。 会社員にとって、ライフプランの中でも、かなり重要度の高いのが退職金です。 ここ近年、よく見かけるのが「企業型確定拠出年金制度」と「退職金制度」のリバランスです。 これについては別でお伝えするつもりですが、お勤めの会社の就業規則や退職金規定、確定拠出年金規定などでしっかりと確認しておくことをお勧めします...

返信先:@budouiro2 たしかに。最近は聞かないけど、ツイッターが始まった当初は出会い目的の人もたくさんいたし…SNSは気をつけて使わないとです。最近は企業も目を光らせているようです。情報拡散されないように。

Twitter tsuzu_chan つづちゃん

返信 リツイート 8分前

@tos 企業がその情報を発表するまでにどれだけの時間と労力とお金をかけて動いているか、その活動に対して早バレやリークというのはもう言語道断な訳です。詳しいシステムや事象に関しては冷静に言葉を綴っている方のを見てください。

Twitter 8ko_bird はちこ

返信 リツイート 8分前

LINE:危険すぎる韓国企業アプリ。個人情報をアドレス帳単位で収集する悪質な機能!Facebookをはるかに上回る危険性

【ジーキャッシュ②@仮想通貨】 ジーキャッシュは匿名性の高さからマネーロンダリングに使われる懸念があるが、個人情報の保護が最優先事項の企業には必要とされている。 #ジーキャッシュ

「京急油壺マリンパーク」50周年記念キャンペーン!ペンギン、カワウソも登場の貸切イベント列車運行! | 2018年度 | ニュースリリース | 企業・IR情報 | 【KEIKYU WEB】京急電鉄オフィシャルサイト keikyu.co.jp/company/news/2…

返信先:@09_doragon 僕は職場がグローバル企業なので、本社からたまにこういう情報が入ってきたりしますねー!

Twitter MoeshiHonda もえし@年内ブログ100記事

返信 リツイート 15分前

西日本の福岡市で、スマートフォンを通じた支払い方法が実験されています。このシステムは、情報技術企業の協力のもと、野外にある人気のある飲食物の屋台に設置されています。 www3.nhk.or.jp/nhkworld/es/ne…

...通貨News:リップルに急反転!今後は登る?落ちる?をチャート分析! ☆【今月限定】勝てる仮想通貨情報をLINEで無料配信中!☆ ID検索→@ichiro7 ※LINEで急騰・連騰寸前情報やリアルタイム...仮想通貨 ランキング 一覧 仮想通貨ランキング 日本 仮想通貨 リップルイノベーションズ 仮想通貨リップル新情報 仮想通貨 リップルコイン 仮想通貨 リップル 購入 仮想通貨リップル 日本上陸 仮想通貨 リップル 相場 仮想...

カテゴリー:

きた産業株式会社

s_きた産業株式会社

きた産業株式会社の目指すところ

きた産業株式会社は、1916年にガラス瓶に使用するコルク栓の輸入販売・加工業である「喜多鐵之助商店」として創業、1943年に「喜多産業株式会社」となり、2006年より現在の商号に変え、キャップ・クロージャー、PETボトル、加熱機能付き容器の製造、パッケージ資材のデザインなどを手がける会社で、大阪と東京に事業所があります。
きた産業株式会社は、「お客様の商品の付加価値を高めるパッケージ資材とパッケージング機械」「他社にない独自の技術開発、モノづくり、商品企画」を企業理念として、清酒、焼酎、ビール、ワインなどのアルコール飲料のパッケージ資材と、ガス飲料用、ロータリー充填機、自動充填機などの機械を中心に、固有技術と販売ネットワークをいかして、さらに食品や金属部品、カー用品などの新しい分野にも事業展開をすることを目指しています。
「競合他社より、より高い品質レベルと技術レベルの製品に挑戦するために継続的改善を行い、得意先に信頼され満足される製品を提供する」という「品質方針」のもと、100年を超える歴史の中で培ってきた技術とノウハウをもとに、商品価値を向上させるユニークな技術開発への取り組みや、「ものづくり」へのこだわりなど、ユニークな企画力と他にない独自性で、多様化し変化し続けるニーズにいち早く対応しすることとしています。さらに、常に柔軟な発想でパッケージの企画・デザインや、パッケージの中身である「充填」にも対応し商品に合わせた製造設備の開発を行うなど、強みである「付加価値」をさらに追求し、商品の付加価値づくりに効果的な経営を目指すところとしています。
また、年度ごとに具体的な数値目標を含む品質目標を定めて、製品の継続的な品質向上を図るとともに、他社にない独自の技術開発やモノづくり、商品企画に挑戦する企業を目指し、企業活動のすべてにおいて質的強化を図るとしています。

きた産業株式会社の事業内容について

きた産業株式会社の事業内容としては、「キャップ、プラスチックボトル、加熱機能付き容器などの製造販売」「ガラス瓶、ラベル、アルミ缶などのデザイン、商品企画」「ビン詰め、缶詰機械やワイン醸造設備などの機械設計」などを行っています。
キャップ、プラスチックボトル、加熱機能付き容器などの製造をおこなう「KKディビジョン」と飲料パッケージの商品開発やデザインをおこなう「K2ディビジョン」、そして缶詰・ビン詰機械や飲料用ガス関連機器の開発をおこなう「ROOTSディビジョン」の開発・デザイン・製造の3部門が連携しあって経営を行っています。
キャップや王冠、キャップシールなどのデザインにはたくさんの種類があり、キャップの種類もサケびん口のキャップ、PPキャップ、ワイン栓、スパークリングキャップなど豊富に取り扱っています。パッケージは、クリアカートン、クラフトパッケージ、ポリ袋などから、コックやカップ、お酒のアルミ缶、お酒に関するマスや柄杓、木箱などの木製品やお酒や食品に加えることができる金箔に至るまで、幅広く取り扱っています。
またお酒の量り売り用の樽やグラス、ビンなどの容器も扱っていて、ビンも種類や形、デザインが豊富でこだわりのあるものとなっています。
その他、ビール充填機、 ビール、スパークリング清酒・ワインのための、缶詰め・びん詰め機、少量生産・ラボ用のボトル缶・PETボトル用充填・打栓機などの機械も取り扱っています。
清酒、焼酎、ワイン、クラフトビールなど酒類分野では全国過半の酒造メーカーと取引をおこなっていて、これらのパッケージ資材から醸造設備まで総合的提案力があり、大手ビ-ルメーカー4社において研究用機器が採用されていて、更に違う分野の製品・自動車用の蒸散消臭缶を製造する等、ユニークな事業展開を行っています。