1. TOP
  2. 生活・暮らし
  3. シャイン工芸
「企業 情報」
に関連するツイート
Twitter

RT>情報系で優秀な学生がIT業界の泡沫企業に行ってるイメージが無いので悲しい事案な気がする

Twitter yasei_no_otoko 野生の男@アガルタ - 4分前

リツイート 返信

...たちの未来をつくるお仕事を紹介します!若者の海外留学、病児保育、子育てシェア、障害福祉、まちづくりなどに関するスタッフを募集しています。ぜひ、興味関心のある企業・団体への応募・質問をお待ちしております。 【求人情報・8月号】子どもや若者の世界を変える仕事 5 選 -若者の海外留学、病児保育、子育てシェア、障害福祉...

Facebook Jun Iwakiri - 4分前

Facebookの企業ページをホームページ上へ設置する方法~2017年3月版~-エムタメ!|マーケ担当者のためのデジタルマーケティング情報サイト mtame.jp/article/2017/0…

...が劇的に変わる大きな分岐点となる 情報が『8月27日(日)20時』にLINE@に 告知されます。 先にこの情報を手に入れた方は 先に私に『急激に変化する未来』 と合言葉を私のLINE@に記載し 1 名前 2 年齢 3 職業 4 お住まいの地域 5 何故お金を稼いでみたいか? 熱い思いなど、記載ください。 ============================== 8月27日...

【法務・22年秋まとめ】『デジタルディバイト…情報リテラシの有無、IT環境の相違などで生じる格差』『産業財産権…意匠権・実用新案権・商標権・特許権』『労働者派遣法の派遣先と労働者の関係…指揮命令関係』『請負契約や委任契約でも、基本的にはプログラムの著作権は開発した企業にある』

Twitter FE_study 基本情報技術者試験対策 - 14分前

リツイート 返信

以前に問題を起こした情報漏洩に関わる企業では、どうも持ち出しも平然と行われている様子。この手のスクープを喜ぶ輩もいるのだろうな。

Twitter AtsushiCafeK AtsushiCafeK - 14分前

リツイート 返信

スパイ活動を懸念され世界中から危険視されている中国通信機器メーカー華為技術。日本では経団連に加盟。大手通信企業納入実績を拡大。ここの部長はいくつかの情報通信企業内に深く浸透。米は日本はサイバー攻撃に脇が甘いどころではなく情報の流出センターだと警告された。日本人はスパイにやさしい

Twitter saniwaarudo どこまで言っちゃうの?さにわあるどbot - 14分前

1RT リツイート 返信

@raryosu 素人(高専7年目)の意見から失礼します。情報系に限定するが、同年代(学部2年~4年)に比べると全体平均的に即戦力ではあるよね。で、更にベンチャー企業を目指すような高専生はその中でもエリートな(ことが多い)ので、やっぱり即戦力なんじゃないのかなぁ。

Twitter 686868ah 68@台風の進路は俺の進路 - 18分前

リツイート 返信

アドサーバーのレポートでエリア情報企業情報等を可視化!「ADmiral」と「どこどこJP」が接続 :MarkeZine(マーケジン) markezine.jp/article/detail… @markezine_jpさんから

Twitter ShowRiseGo しょごー - 20分前

リツイート 返信

プライベートアドサーバー「ADmiral(アドミラル)」、どこどこJPへの接続開始で企業情報をレポート掲載可能に prtimes.jp/main/html/rd/p/...

Facebook Shogo Matsudo - 21分前

カテゴリー:

シャイン工芸

s_シャイン工芸

シャイン工芸の目指すところ

シャイン工芸の高い機能性を持ったコーティング技術は、人々の暮らしに欠かせない様々な場面で直接的に、又は、間接的な形で利用されています。
家庭で、職場で、身近なところでも影でのサポートでも、とても多岐にわたる役立て方がなされています。
コーティングは製品に付加価値を与え、耐久性や効率性を高めるには欠かせない技術です。
同社のコーティングは、キッチンで欠かせないフライパンやホットプレートのフッ素加工の他、工業用部品や工場内でも幅広く採用されており、その利用用途は枚挙に暇がありません。
これほど多彩な対象に向けた技術、サービスを取り扱っているのは、同社の経営理念によるものが大きいです。
コーティングは製品や産業が有るところでは必要性が生まれてきますから、同社は、その必要性に応える形で、垣根を作らないスタイルでサービスを提供しています。
日本国内はもとより、韓国を始め、中国やベトナムと言った国への海外進出も果たしており、その活躍の場はますます拡大中です。
業界はもちろん、多彩な年齢の別や、国の違いと言った点についても乗り越えて、役立つ事が同社の目標とされています。
また、責任感や使命感と言った部分も、シャイン工芸が大切にしている部分です。
同社の責任感は、事業を通して、顧客だけではなく社内の労働者、社会に対して向けられており、人や環境にやさしい運営を基本理念としています。
使命感と言った点では、より幅広く貢献をするための技術革新、研究には余念がありません。
よりコーティングの機能性や品質を高めることで、多彩な事業の持つクリエイティブ性を高め、効率の最適化をサポートするということが、掲げられています。
こう言った取り組みと理念を通し、製品や社会に付加価値をもたらし、顧客、社員、そして地球で暮らす人々の営みや発展に貢献することが、シャイン工芸の目指すところと言えるでしょう。

シャイン工芸の事業内容について

シャイン工芸の事業は、各種技術を用いた幅広い用途向けのコーティングを施すというものです。
一般的に認知度の高いフッ素コートを始め、セラアーマー、ブルーアーマーと言った技術も持っているため、幅広い業界、用途に即した施工が可能となっています。
まず、フッ素コートは現在では非常に知名度が高くなっている技術で、今日では、家庭用品から工業製品、宇宙開発に至るまで幅広い分野で活用されるに至りました。
シャイン工芸では、そのフッ素コート技術を使って、家庭用のガス炊飯器用内釜や鍋、電化製品と言った身近なところから、熱交換器や遠心分離機、化学薬品精製プラントなどにも対応、他にも幅広い要望に応えることが可能です。
次に、セラアーマーは、無機質セラミックを使ったコーティング技術となっており、先進的なものとなっています。
次世代のコーティング技術と位置づけられており、無毒で害もなく、形成される被膜の強さや抗菌性など、多彩なストロングポイントを持ちます。
利用用途は実に幅広い適性があり、万能性が高さも魅力です。
石油プラントにおける設備や半導体装置のパーツなど様々な分野に適しており、米の食品衛生法にも合致している優れた性能を誇ります。
また、熱溶融フッ素コートのブルーアーマーも、シャイン工芸ならば施工が可能です。
ブルーアーマーは厳しい温度下や条件でも、しっかりと機能を発揮するフッ素コーティング技術で、ステンレスやチタンに用いられてきたインコネルと言った高価な金属の代替としても活用が期待できます。
酸性やアルカリ性の薬品を用いる製品や、蒸気などによる腐食を防ぎたい場合に適しており、高価な設備や機材の保護に活用できます。
こう言った各種コーティング技術を駆使し、実績が培った経験を活かして、要望の内容や使用環境に適した提案を行っていくことが、同社の事業スタイルであり、強みとなっています。