1. TOP
  2. 生活・暮らし
  3. プライム共済(プライム倶楽部)
「企業 情報」
に関連するツイート
Twitter

RT @papatraman: その後、彼の住むエリアの認可・認証・認可外・企業主導型の情報を手渡した。 最後に、相談するのに勇気が要っただろう?と尋ねたら 「うちの会社の先頭を走っているあなたが子育てを否定するはずがないと思ってましたから。否定したら自己矛盾ですよ(笑)」…

RT @papatraman: その後、彼の住むエリアの認可・認証・認可外・企業主導型の情報を手渡した。 最後に、相談するのに勇気が要っただろう?と尋ねたら 「うちの会社の先頭を走っているあなたが子育てを否定するはずがないと思ってましたから。否定したら自己矛盾ですよ(笑)」…

RT @papatraman: その後、彼の住むエリアの認可・認証・認可外・企業主導型の情報を手渡した。 最後に、相談するのに勇気が要っただろう?と尋ねたら 「うちの会社の先頭を走っているあなたが子育てを否定するはずがないと思ってましたから。否定したら自己矛盾ですよ(笑)」…

Twitterうどん@ワレモコウ団長@f17k8ckk

返信 リツイート 1分前

今回のRIZAPの件もそうだけど、IFRSには、財務情報の実態を歪ませ得る処理がいくつかあるよね ✅のれんを収益性が下がるまでは減損しない→損失の先延ばしもできる ✅M&Aという金融取引収益である、負ののれんを営業利益に計上する→本業の収益を大きく見せれる M&A企業がIFRS採用したいのはわかる

Twitterよこやん@NPOのCFO@yokoyan28

返信 リツイート 1分前

返信先:@breakingnews_jp 大学生にもなってSNSでこう言った発言すれば、どんな反応するか分かりそうなもんだが考えられんのかな? それよりもTSUTAYAの個人情報の取り扱いはどうなってんの? ただのバイトが個人情報を見れる仕組みになってんの? こんな情報管理も出来ない企業は怖いからTSUTAYAの会員は辞めないとダメやな。

RT @papatraman: その後、彼の住むエリアの認可・認証・認可外・企業主導型の情報を手渡した。 最後に、相談するのに勇気が要っただろう?と尋ねたら 「うちの会社の先頭を走っているあなたが子育てを否定するはずがないと思ってましたから。否定したら自己矛盾ですよ(笑)」…

RT @papatraman: その後、彼の住むエリアの認可・認証・認可外・企業主導型の情報を手渡した。 最後に、相談するのに勇気が要っただろう?と尋ねたら 「うちの会社の先頭を走っているあなたが子育てを否定するはずがないと思ってましたから。否定したら自己矛盾ですよ(笑)」…

返信先:@Jp_Bluma他1人 そのような事実はないようです。 僕はいつでもHuawei様の味方。 多分これはまずいと思った日本企業がでっち上げの情報を流したのでしょう…(個人の意見です) 中国だったらしそうだし…

RT @papatraman: その後、彼の住むエリアの認可・認証・認可外・企業主導型の情報を手渡した。 最後に、相談するのに勇気が要っただろう?と尋ねたら 「うちの会社の先頭を走っているあなたが子育てを否定するはずがないと思ってましたから。否定したら自己矛盾ですよ(笑)」…

Twitterヒシヨッシー@戸嶋サチロー推し@gogoz

返信 リツイート 2分前

RT @papatraman: その後、彼の住むエリアの認可・認証・認可外・企業主導型の情報を手渡した。 最後に、相談するのに勇気が要っただろう?と尋ねたら 「うちの会社の先頭を走っているあなたが子育てを否定するはずがないと思ってましたから。否定したら自己矛盾ですよ(笑)」…

Twitterよしみん@てるてる@y00shimin

返信 リツイート 2分前

カテゴリー:

プライム共済(プライム倶楽部)

s_プライム基金

全国福利厚生共済会の目指すところ

全国福利厚生共済会は会員やその家族が安定的な生活を送れるよう、さまざまな事業を提案している団体です。
経済的安定と福利厚生の充実を実現するライフサポーターを目指しており、ゆりかごからいつの日か訪れるその日まで会員の人生をトータルでサポートするためライフサポートサービスと社会貢献事業を実施しています。
全国福利厚生共済会は2002年に設立された組織で同年には共済保険サービスを開始させるなど徐々に活動を広げていきました。
翌年の2003年には在宅福祉用具レンタル利用料補助サービス、2005年には葬儀支援サービス、2006年にはお祝い金サービスを始めるなどライフサポートサービスを拡充させながら2007年時点で会員数が3万人を突破し、2016年には会員数が10万人を超えるなど認知度が高まっています。

全国福利厚生共済会の本会所在地は兵庫県の加古川市で、共済会会員は初回掛金2800円と登録料2000円を支払うことでライフサポートサービスという福利厚生サービスが受けられるようになります。
またプライム倶楽部会員になるには4000円の初回掛金と8000円の登録料が必要で、登録が完了するとプライム倶楽部ライフサポートサービスを受けながら会員の勧誘を行いコミッションを得ることが可能です。

全国福利厚生共済会では社会貢献としてプライム基金を創設したり、まごころ募金を実施するなどさまざまな活動を行っています。
全国福利厚生共済会が目指す相互扶助の精神に基づき、各種のプロジェクトを進めながら支援が必要な人々に届けていて、天災や災害に見舞われた地域を支援するための募金を呼びかける被災地支援プロジェクトや、十分に教育を受けられない地域に学校を設立して運営管理を行う学校設立プロジェクト、経済的に厳しいベトナムの地域にクラス子供たちの学業を支援するパパママ支援プロジェクトなどを行っています。

全国福利厚生共済会の事業内容について

全国福利厚生共済会は相互扶助の精神に基づき、会員による社会貢献と福利厚生の充実・経済的な安定を目的とした事業を実施しています。
共済会会員になると月々2800円、プライム倶楽部会員になると月々4000円の掛金を支払い各種のサービスを受けることになります。

ライフサポートサービスは会員をトータルでサポートするものですから、お祝い金やお葬儀・お見舞金だけでなくブライダルや医療・介護福祉、旅行やビジネス、全厚済モールなど幅広いジャンルのサービスが揃っています。
ゆりかごというお祝い金は会員に子供が誕生したときにギフトカードが請求できるというもので、会員の種類など条件によって金額が異なります。
お祝い金はゆりかご以外に3歳祝いや小学校入学祝い、中学校入学祝い、中学校卒業祝い、結婚祝いなどがあり、子供の成長に合わせてお祝いが受け取れますから子育て世代にとって大きな味方となるでしょう。

ブライダルには全国にある1300もの結婚相談室とマリッジカウンセラーが結婚までをフルサポートするサービスや、全国100箇所の提携結婚式場を紹介するサービスなどが用意されていて、契約者以外にサービス受領者やその子供、兄弟姉妹、孫も利用者範囲に含まれことが特徴的です。
会員特典は式場によって異なりますが、10万円の式場利用券が受け取れる場合もあるのでメリットは大きいでしょう。
全厚済モールとは会員限定のインターネットショッピングサイトのことで日用品、食品、家電製品など品揃えが豊富です。ショッピングサイトで販売されている商品は特別価格で購入できますし、クレジットカード決済も利用できて大変便利です。

くらしの相談には相続手続きサポートや離婚問題相談、交通事故問題相談など身近なトラブルが気軽に相談できるサービスが揃っています。
またクレジットカウンセリングでは過払い金請求も実施しているので、借金によるトラブルの解決を目指す方にもおすすめです。