1. TOP
  2. 生活・暮らし
  3. プライム共済(プライム倶楽部)
「企業 情報」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@RY0_JPN他1人 前職で労働組合の役員やっててそういう情報に触れる機会があったのですが、人事系の中だけでもしっちゃかめっちゃかになってるとしか思えない会社しか見たことがないような気はしますw 「従業員万単位の自称IT企業ならもう少し考えた方がいいんじゃねぇか」って人事部長に指摘したことはありますねw

【お知らせ】当サイト内「日々是埼玉」では、埼玉県内のホットな情報を配信中 ただいま埼玉県内の企業・団体の皆様からのプレスリリースを募集しております 掲載にあたって費用は特に発生しませんので、お気軽にDMからお問い合わせください miteomiya.info

Twitterみ〜て大宮ーサイタマ、ツナガル@miteomiya

返信 リツイート 3分前

三和会計事務所のホームページでは、国際税務や相続税など、企業様から一般の方まで幅広く役立つ情報を日々更新しています。 sanwa-ac.com

Twitter三和会計事務所@sanwa_k

返信 リツイート 4分前

22日のNY市場は下落 | マーケット速報 | 企業情報FISCO - FISCO(フィスコ) #任天堂 web.fisco.jp/FiscoPFApl/New…

でも企業からしたら連絡してもらえるってのは大変ありがたい情報なんだろうな…ここまでしてくれるってことは 粗悪品を売り続けてしまう可能性もあるわけだし報告大事

ガナダカンパニーからやばいメールが届いたwwwwこの企業個人情報の問題とか大丈夫なん?

【イベントレポートを公開:企業における情報セキュリティのあり方、CISOの役割について】 「私たちが今日直面している最も重大な脆弱性とは何か」という根源的な問いを立て、CISOに必要とされるスキルや、チームが持つべきマインドを解説 ➡ go.motex.co.jp/l/320351/2019-… pic.twitter.com/3Dsp1Z2sBY

返信先:@waterlily1121 ただ、去年あたりに特許庁の垢が、 AI分野の協力強化のため中国国家知識産権局(SIPO)と会合したとツィートしてましたが、中国に発注した場合、費用は安く上がるかもしれませんが、情報漏洩などのリスクが懸念されるので、特許庁にはしっかりした企業に依頼して欲しいですね。

Twitterhrsm(はるさめ)@jun2yos

返信 リツイート 11分前

そうこう言っている間にきてたわ 『本日より、Google しごと検索 の提供を開始します。この新機能は、ウェブ上の転職・求人情報サイトや企業の採用ページ等から求人情報を探して、検索結果に分かりやすく表示します。』 japan.googleblog.com/2019/01/shigot…

Twitterアシュリー @📻学生こみゅ.nagoya@ashley_gcm

返信 リツイート 11分前

グーグル、GDPRで制裁金、情報収集に不備、日本企業もリスク:日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXMZO… >GDPRは欧州で事業展開する企業すべてが規制対象で、多くの日本企業も対応が必要 朝からずっと関連を見てたけど全然動かなかったw

カテゴリー:

プライム共済(プライム倶楽部)

s_プライム基金

全国福利厚生共済会の目指すところ

全国福利厚生共済会は会員やその家族が安定的な生活を送れるよう、さまざまな事業を提案している団体です。
経済的安定と福利厚生の充実を実現するライフサポーターを目指しており、ゆりかごからいつの日か訪れるその日まで会員の人生をトータルでサポートするためライフサポートサービスと社会貢献事業を実施しています。
全国福利厚生共済会は2002年に設立された組織で同年には共済保険サービスを開始させるなど徐々に活動を広げていきました。
翌年の2003年には在宅福祉用具レンタル利用料補助サービス、2005年には葬儀支援サービス、2006年にはお祝い金サービスを始めるなどライフサポートサービスを拡充させながら2007年時点で会員数が3万人を突破し、2016年には会員数が10万人を超えるなど認知度が高まっています。

全国福利厚生共済会の本会所在地は兵庫県の加古川市で、共済会会員は初回掛金2800円と登録料2000円を支払うことでライフサポートサービスという福利厚生サービスが受けられるようになります。
またプライム倶楽部会員になるには4000円の初回掛金と8000円の登録料が必要で、登録が完了するとプライム倶楽部ライフサポートサービスを受けながら会員の勧誘を行いコミッションを得ることが可能です。

全国福利厚生共済会では社会貢献としてプライム基金を創設したり、まごころ募金を実施するなどさまざまな活動を行っています。
全国福利厚生共済会が目指す相互扶助の精神に基づき、各種のプロジェクトを進めながら支援が必要な人々に届けていて、天災や災害に見舞われた地域を支援するための募金を呼びかける被災地支援プロジェクトや、十分に教育を受けられない地域に学校を設立して運営管理を行う学校設立プロジェクト、経済的に厳しいベトナムの地域にクラス子供たちの学業を支援するパパママ支援プロジェクトなどを行っています。

全国福利厚生共済会の事業内容について

全国福利厚生共済会は相互扶助の精神に基づき、会員による社会貢献と福利厚生の充実・経済的な安定を目的とした事業を実施しています。
共済会会員になると月々2800円、プライム倶楽部会員になると月々4000円の掛金を支払い各種のサービスを受けることになります。

ライフサポートサービスは会員をトータルでサポートするものですから、お祝い金やお葬儀・お見舞金だけでなくブライダルや医療・介護福祉、旅行やビジネス、全厚済モールなど幅広いジャンルのサービスが揃っています。
ゆりかごというお祝い金は会員に子供が誕生したときにギフトカードが請求できるというもので、会員の種類など条件によって金額が異なります。
お祝い金はゆりかご以外に3歳祝いや小学校入学祝い、中学校入学祝い、中学校卒業祝い、結婚祝いなどがあり、子供の成長に合わせてお祝いが受け取れますから子育て世代にとって大きな味方となるでしょう。

ブライダルには全国にある1300もの結婚相談室とマリッジカウンセラーが結婚までをフルサポートするサービスや、全国100箇所の提携結婚式場を紹介するサービスなどが用意されていて、契約者以外にサービス受領者やその子供、兄弟姉妹、孫も利用者範囲に含まれことが特徴的です。
会員特典は式場によって異なりますが、10万円の式場利用券が受け取れる場合もあるのでメリットは大きいでしょう。
全厚済モールとは会員限定のインターネットショッピングサイトのことで日用品、食品、家電製品など品揃えが豊富です。ショッピングサイトで販売されている商品は特別価格で購入できますし、クレジットカード決済も利用できて大変便利です。

くらしの相談には相続手続きサポートや離婚問題相談、交通事故問題相談など身近なトラブルが気軽に相談できるサービスが揃っています。
またクレジットカウンセリングでは過払い金請求も実施しているので、借金によるトラブルの解決を目指す方にもおすすめです。