1. TOP
  2. 生活・暮らし
  3. 全国福利厚生共済会
「企業 情報」
に関連するツイート
Twitter

RT @papatraman: その後、彼の住むエリアの認可・認証・認可外・企業主導型の情報を手渡した。 最後に、相談するのに勇気が要っただろう?と尋ねたら 「うちの会社の先頭を走っているあなたが子育てを否定するはずがないと思ってましたから。否定したら自己矛盾ですよ(笑)」…

Twitterマグマダイバー焼きイカbot@ikasumiberry

返信 リツイート 20秒前

RT @papatraman: その後、彼の住むエリアの認可・認証・認可外・企業主導型の情報を手渡した。 最後に、相談するのに勇気が要っただろう?と尋ねたら 「うちの会社の先頭を走っているあなたが子育てを否定するはずがないと思ってましたから。否定したら自己矛盾ですよ(笑)」…

RT @papatraman: その後、彼の住むエリアの認可・認証・認可外・企業主導型の情報を手渡した。 最後に、相談するのに勇気が要っただろう?と尋ねたら 「うちの会社の先頭を走っているあなたが子育てを否定するはずがないと思ってましたから。否定したら自己矛盾ですよ(笑)」…

RT @AkiraGoto_kkym: ちなみに入社したのは「以下のフォームに個人情報を埋めて、お前のやってきた一番自慢できる経験について2000字書け」というシステムからエントリした中堅大手のIT企業でした。履歴書はいらんと言われた。

RT @papatraman: その後、彼の住むエリアの認可・認証・認可外・企業主導型の情報を手渡した。 最後に、相談するのに勇気が要っただろう?と尋ねたら 「うちの会社の先頭を走っているあなたが子育てを否定するはずがないと思ってましたから。否定したら自己矛盾ですよ(笑)」…

企業の公式twitterとかFacebookとかがフランクな内容で発信するのは好きなんだけど、それ以前にサイトなりtwitterなりFacebookなりで企業としてユーザーに有益な情報をきちんと提供してからにしてほしい。それなしでフランクな内容だけ発信されても「欲しい情報はそれじゃねぇ!」としか思わないよ。

RT @nananonopapa: 法人設立・登記関係、在留資格関係、行政手続のワンストップ化、外国語での情報発信・外国企業へのコンサルテーション、輸入関係等に関する具体的取り組みを取りまとめた。

Twitter笑われ男@只今、調査中につき…@KawanagareK

返信 リツイート 1分前

RT @papatraman: その後、彼の住むエリアの認可・認証・認可外・企業主導型の情報を手渡した。 最後に、相談するのに勇気が要っただろう?と尋ねたら 「うちの会社の先頭を走っているあなたが子育てを否定するはずがないと思ってましたから。否定したら自己矛盾ですよ(笑)」…

RT @nananonopapa: (広報・情報発信、外国企業と中小企業の提携支援、地方も含めたわが国への投資促進)と、外国企業進出の障害となっている課題の解決策(規制・行政手続の改善、グローバル人材の呼び込み・育成、外国人の生活環境の改善)を取りまとめた。

Twitter笑われ男@只今、調査中につき…@KawanagareK

返信 リツイート 1分前

RT @papatraman: その後、彼の住むエリアの認可・認証・認可外・企業主導型の情報を手渡した。 最後に、相談するのに勇気が要っただろう?と尋ねたら 「うちの会社の先頭を走っているあなたが子育てを否定するはずがないと思ってましたから。否定したら自己矛盾ですよ(笑)」…

カテゴリー:

全国福利厚生共済会

s_一般財団法人 全国福利厚生共済会

全国福利厚生共済会の目指すところ

一般財団法人全国福利厚生共済会は「ゆりかごから誰にもいつかは訪れるその日まで」をモットーに、会員の人生のトータルサポーターであることを目指している団体です。

2002年に相互扶助事業の全国構築を目的に発足しました。
会員が常に社会貢献することを目指し、家族や仲間たちのために掛金をかけることによって福利厚生の充実に取り組んだり、同じ目的をターゲットに活動することによって経済的安定を築いています。

会員の活動が実を結び、全国福利厚生共済会は一般財団法人全国福利厚生共済会に生まれ変わりました。
一般財団法人として生まれ変わることによって対外的な信用がますます高まるようになり、一層の相互扶助事業の全国構築という目的に近づくために日々取り組んでいる会社です。

現代社会において国や地方などでの財政赤字の悪化や社会保障制度の深刻化、少子高齢化や孤独死、孤立死や貧困層の拡大などと問題が山積みですがこれらのさまざまな問題を解決するために行政に頼るのではなく、自分たち自身がいろいろな問題に向き合って解決しなければならない局面に立っています。
そのような中でひとりひとりが社会貢献に対する精神を強く持ったり行動することが大切です。

一般財団法人全国福利厚生共済会は団体を育てて行くことによって、社会にいろいろな問題提起を行い将来を変革していけるような大きな力となるために日々活動しています。
会員の貴重な時間や想い、掛金や行動などを最大限に生かせるような組織作りに取り組んでいて、会員や家族の人へのいろいろな事業提案を通し安全でより安定的な生活が暮らせるライフサポーターを目指している企業です。

広く会員を募っていて相互扶助の精神に従い会員による社会貢献や会員とその家族のための福利厚生の充実に取り組んだり、会員の経済的な安定のために日々取り組んでいます。

全国福利厚生共済会の事業内容について

全国福利厚生共済会の事業内容として、会員や家族の人へのさまざまな事業提案を通じて安全で安定的な生活がおくれるよう「ライフサポーター」を目指して取り組んでいます。
いろいろなライフサポートサービスを展開していて、共済会会員は毎月掛金を支払うことによって福利厚生サービス「ライフサポートサービス」を利用することが可能です。

プライム倶楽部会員制度もあり毎月掛金を支払うことによって「プライム倶楽部ライフサポートサービス」を受けることができ、会員勧誘の委託を受けたり会員を勧誘し対価としてコミッションを取得することができるでしょう。

ライフサポートサービスにはいくつか種類があり、例えば「ゆりかご」の場合は会員のお子様が責任開始日以降に生まれるとギフトカードを請求することが可能です。
「ブライダル」の場合は電話1本で全国にある約100か所の提携結婚式場を紹介してくれたり案内してくれます。式場によってさまざまな会員特典を利用することができるので便利です。
「全厚済メディカルコールセンター」の場合は突然の発病や育児の悩みなどに関して、専門的な医療分野や健康・メンタルヘルスなど気軽に相談することができるでしょう。
「全厚済Off Time」の場合は全国200,000か所以上にある国内宿泊やレジャー、グルメやスポーツなどの多彩なサービスを共済会員優待価格で利用することが可能です。
「旅のコンシェルジュ」の場合は海外旅行をオーダーメイドすることができ、専用コンシェルジュがリーズナブルな価格でプランニングしてくれます。

社員旅行や研修・視察旅行などに利用する人もいます。
社会貢献活動にも積極的に取り組んでいて、プライム倶楽部会員から集められる毎月のコミッションの一部を「プライム基金」として寄付をしており、いろいろな社会貢献活動を展開中です。