1. TOP
  2. 生活・暮らし
  3. 全国福利厚生共済会
「企業 情報」
に関連するツイート
Twitter

今年2019年の大下落要因(オハギャー候補)は「中国経済の想像以上の失速」だと思ってます。 中国は正しい情報をちゃんと報道しないので、公開されている数字以上に状況は悪いと予想しています。 これが顕在化するのは、中国に依存している企業の業績悪化です。これらは『決算発表』で分かります。

Twitter株式投資犬♂タロー@happy_taro6

返信 リツイート 1分前

公務員試験対策でも有益な情報。 民間企業よりコストが厳しい中で街を活性化させる難易度は高いです。 安定安泰の思考回路はおしまいにしましょう、地方もこれからどんどん再編します。 facebook.com/story.php?stor…

Twitter大阪梅田ワイズ就活塾塾長 松原@yot_biyou

返信 リツイート 1分前

気になる企業さんのnoteは非常に素晴らしいものだと思うけれど、noteの実態はその理念とは裏腹に情報商材屋のインチキゴミが大量に掃いて捨てるほどある。

ふわっとした思い付きだけど、クラウドファンディングみたいに、少額短期というか互助会みたいにリスクをシェアするプラットフォームって造れないのかな? 「保険」と呼ぶとみんな他力本願になりそうだから、本来の意味の「共済」的な。 ベンチャーとか、持たざる企業の個人情報リスクとか高いと思う

RT @townjoho: タウン情報東京都は、まちづくりの推進を図る活動をテーマにしており、特定企業の紐付きでない法人格を持たないNPO(市民活動団体)、「まちづくり推進活動団体」(NPO)として活動しています。 東京都、近郊のイベントなど地域情報を発信しますので記事をお寄…

Twitterシステムサポート札幌情報課鬼瓦課長@onigawarakakari

返信 リツイート 6分前

RT @Q1nwuaxj2s1Uqol: 民間企業に照らしましょう。 女子社員の個人情報を同僚が漏らし 結果襲われて、支社長から処分や再発防止を約束されて、被害届を取り下げて加害者は不起訴で野放し。 約束は果たされず、公表されず隠蔽され、支社長は本社に逃げ戻り、被害者が客や同僚…

Twitterしゅうせい@夏菜子推し(見習)@tadashi_mcz

返信 リツイート 8分前

ameblo.jp/japanhk/entry-… 反日企業情報

Twitter芋きんぐ🇯🇵@imokinman

返信 リツイート 9分前

返信先:@LunaBlog 中国系アプリは危険なので使わない方がいいですよー。 スマホ情報抜き取られます。 国産だと油断してるといつの間にか中国に買収されてる時があるので気が抜けません。 ちなみにSimejiを買収したのは百度(バイドゥ株式会社)。中国検索エンジン企業の大手。←ヤバすぎますね。

RT @masaru_kaneko: 【無能】自動車大転換、エネルギー大転換、情報とバイオ医薬の大転換が起きている。最後に残った自動車企業自身が「自動車産業の大きな転換点に対応せざるをえない(ホンダ)」と危機感を示すのに、アベは原発、五輪、万博、リニア、カジノ、空母に浪費する。…

TwitterリラックスでGO/西岡真ヨモガー@doba_anamaki

返信 リツイート 13分前

企業とかが情報漏らしたら炎上するのに自分は顔隠しながら炎上した人の情報晒す奴はなんで炎上しないの?

カテゴリー:

全国福利厚生共済会

s_一般財団法人 全国福利厚生共済会

全国福利厚生共済会の目指すところ

一般財団法人全国福利厚生共済会は「ゆりかごから誰にもいつかは訪れるその日まで」をモットーに、会員の人生のトータルサポーターであることを目指している団体です。

2002年に相互扶助事業の全国構築を目的に発足しました。
会員が常に社会貢献することを目指し、家族や仲間たちのために掛金をかけることによって福利厚生の充実に取り組んだり、同じ目的をターゲットに活動することによって経済的安定を築いています。

会員の活動が実を結び、全国福利厚生共済会は一般財団法人全国福利厚生共済会に生まれ変わりました。
一般財団法人として生まれ変わることによって対外的な信用がますます高まるようになり、一層の相互扶助事業の全国構築という目的に近づくために日々取り組んでいる会社です。

現代社会において国や地方などでの財政赤字の悪化や社会保障制度の深刻化、少子高齢化や孤独死、孤立死や貧困層の拡大などと問題が山積みですがこれらのさまざまな問題を解決するために行政に頼るのではなく、自分たち自身がいろいろな問題に向き合って解決しなければならない局面に立っています。
そのような中でひとりひとりが社会貢献に対する精神を強く持ったり行動することが大切です。

一般財団法人全国福利厚生共済会は団体を育てて行くことによって、社会にいろいろな問題提起を行い将来を変革していけるような大きな力となるために日々活動しています。
会員の貴重な時間や想い、掛金や行動などを最大限に生かせるような組織作りに取り組んでいて、会員や家族の人へのいろいろな事業提案を通し安全でより安定的な生活が暮らせるライフサポーターを目指している企業です。

広く会員を募っていて相互扶助の精神に従い会員による社会貢献や会員とその家族のための福利厚生の充実に取り組んだり、会員の経済的な安定のために日々取り組んでいます。

全国福利厚生共済会の事業内容について

全国福利厚生共済会の事業内容として、会員や家族の人へのさまざまな事業提案を通じて安全で安定的な生活がおくれるよう「ライフサポーター」を目指して取り組んでいます。
いろいろなライフサポートサービスを展開していて、共済会会員は毎月掛金を支払うことによって福利厚生サービス「ライフサポートサービス」を利用することが可能です。

プライム倶楽部会員制度もあり毎月掛金を支払うことによって「プライム倶楽部ライフサポートサービス」を受けることができ、会員勧誘の委託を受けたり会員を勧誘し対価としてコミッションを取得することができるでしょう。

ライフサポートサービスにはいくつか種類があり、例えば「ゆりかご」の場合は会員のお子様が責任開始日以降に生まれるとギフトカードを請求することが可能です。
「ブライダル」の場合は電話1本で全国にある約100か所の提携結婚式場を紹介してくれたり案内してくれます。式場によってさまざまな会員特典を利用することができるので便利です。
「全厚済メディカルコールセンター」の場合は突然の発病や育児の悩みなどに関して、専門的な医療分野や健康・メンタルヘルスなど気軽に相談することができるでしょう。
「全厚済Off Time」の場合は全国200,000か所以上にある国内宿泊やレジャー、グルメやスポーツなどの多彩なサービスを共済会員優待価格で利用することが可能です。
「旅のコンシェルジュ」の場合は海外旅行をオーダーメイドすることができ、専用コンシェルジュがリーズナブルな価格でプランニングしてくれます。

社員旅行や研修・視察旅行などに利用する人もいます。
社会貢献活動にも積極的に取り組んでいて、プライム倶楽部会員から集められる毎月のコミッションの一部を「プライム基金」として寄付をしており、いろいろな社会貢献活動を展開中です。