1. TOP
  2. 生活・暮らし
  3. 有限会社登起波牛肉店
「企業 情報」
に関連するツイート
Twitter

はてなブログに投稿しました #はてなブログ情報処理技術者・中小企業診断士・宅建≫ 試験当日!!あきらめたらそこで試験終了ですよ・・・? - 資格どうでしょう 中年サラリーマンの資格挑戦ブログ shikakudodesyo.com/entry/2018/10/…

RT @cwineyou: 経産省・・中小企業の優秀な技術守る気ゼロでしょ・・これ・・ 後継者難の中小の情報、外資に開放 廃業防止へ経産省:日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXMZO…

「エスプレッソで」 ライター仲間の元イタリアンシェフさん。 「なるはやで」 大阪ものかき隊の編集さん 業界用語? 25年前の病院勤務(検査室)では、 「至急」 その後転職した外資系企業R&Dでは 「ASAP」 今の大企業完全子会社は技術情報を扱う 「出来る限りの早めの納期で」😁

Twitter大杉おれんじ(兼業ライター)@4150orange2017

返信 リツイート 3分前

<優良企業情報>【アフラック】がん保険や医療保険を中心とした“生きるための保険”のリーディングカンパニー。保険商品の販売方法として独自の「販売代理店制度」を採用。その他の優良企業はこちら⇒on.fb.me/nggt77 #shukatsu #就職活動 #就活

Twitter【15卒】ベンチャー就活@venture_2015

返信 リツイート 10分前

情報機関、ハッカー大会でスパイ発掘 サイバー攻撃に対抗: 英情報機関、ハッカー大会でスパイ発掘 サイバー攻撃に対抗 ... 機関のコンピューターシステムにも侵入できるような、ハッキングの才能を持つ10代の若者たちだ。 ... 治安当局、政府機関、民間企業が活用できる人材を増やすため、ハッカー大会は ... www.google.com dlvr.it/Qnyy2n

RT @cwineyou: 経産省・・中小企業の優秀な技術守る気ゼロでしょ・・これ・・ 後継者難の中小の情報、外資に開放 廃業防止へ経産省:日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXMZO…

企業信用調査とは、新規取引先は勿論のこと既存取引先も含め、企業間の取引上でのトラブルを未然に防ぐ事を目的とした調査です。 総合調査Aisの企業信用調査は独自のネットワークと専門調査員によって必要な情報をくまなく収集します。ais-japan.jp/saiyou.html

Twitter大阪の採用調査会社@Vanquish_nine

返信 リツイート 18分前

RT @cwineyou: 経産省・・中小企業の優秀な技術守る気ゼロでしょ・・これ・・ 後継者難の中小の情報、外資に開放 廃業防止へ経産省:日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXMZO…

Twitterらくたー・なすらっぷ@rakutar2

返信 リツイート 20分前

[企業研究] 2012年用の就職サイトなら詳細な情報が既に載っている。

【スキマ時間を利用する】 就活では意外と、会場への移動時間が多いです。 その間に企業情報を調べたり、 SPIの一問一答をやったりすると、 そんなスキマ時間さえも対策をすることができます。 電車などの移動時間をうまく使いましょう!

Twitter就活で人生を劇的に変える!@skt2018snrgk

返信 リツイート 23分前

カテゴリー:

有限会社登起波牛肉店

有限会社登起波牛肉店の目指すところ

有限会社登起波牛肉店は明治27年創業、米沢牛の老舗として知られています。
山形県米沢市の中では一番歴史が古く、米沢に有限会社登起波牛肉店ありといわれています。
品質と味にこだわり、すき焼き、しゃぶしゃぶ、カルビ、ステーキなど最高品質のお肉を取り揃えています。
通販サイトを運営し、精肉店の2階でレストラン登起波を経営しています。
幻の牛米沢牛を老舗の味で堪能できると遠方からも足を運ぶ人が後を絶たない名店です。
仕入れや割り下にこだわり、代々引き継がれる最高級の米沢牛のおいしさを守り続けています。
登起波漬けは宮内庁お買い上げの品として有名です。
代々受け継がれてきた割り下を使ったすき焼きは米沢牛の特選ロースを使い、登起波屋の真骨頂と呼ばれています。
しゃぶしゃぶ、ステーキ、炭火網焼き、サイコロ網焼きとコース料理でもてなしてくれます。
通販ではお店で味わうのと同じ最高級品を取り揃えており、お歳暮やお中元、オーダーギフト券や贈答用セットなどから好みのものを選べるようになっています。
化粧箱入りの豪華な米沢牛はとても美しく華やかで贈り物としても大変喜ばれます。
きめ細かい霜降りと脂の質の良さが魅力で、米沢盆地の自然の恵みと飼育農家の独自の飼料配合、1頭1頭品質管理され丁寧に飼育されていることが魅力の秘密です。
市場に出回る量が少なく、幻の牛と呼ばれる米沢牛を多くのお客様においしく味わっていただくのが有限会社登起波牛肉店の目指すところです。
放射性物質不検出が米沢牛の定義に加わり、より安全においしいお肉を味わっていただくことができるようになりました。
米沢牛銘柄推進協議会の会長である米沢市長の証明書付きで、安心安全な米沢牛を全国に広めたいと考えています。
特選おまかせカルビ、特選おまかせすき焼きセットはたれつきで、売り切れ続出の大人気看板メニューです。
米沢牛選べるギフト券は贈答用におすすめです。

有限会社登起波牛肉店の事業内容について

有限会社登起波牛肉店は創業明治27年、本社精肉部、お食事処すき焼き登起波、登起波分店登を経営しています。
すべての店舗が山形県米沢市にあり、米沢牛肉を中心とした食肉販売と飲食店業を実施しています。
通販事業も手掛けており、しゃぶしゃぶ、すき焼き、カルビ、ステーキといった豪華な食肉だけでなく、切り落としといったリーズナブルなお徳用も取り扱いしています。
米沢の風土で育った自慢の米沢豚、酒粕と地味噌の登起波漬けなど地元の食材を全国、世界に広めるために尽力しています。
こだわりの製法でハムやソーセージも手作りしており、創業から受け継がれ続けている秘伝のタレは絶品です。
契約農家で育てた減農薬の登起波ブランドコメも販売しており、米沢のおいしいものを凝縮し、広めることに喜びを感じています。
有限会社登起波牛肉店の米沢牛は特選A5ランクの中でも最高品質で、目利きのスタッフが厳選しているため間違いないといわれ、米沢牛の飲食店の中でも登起波が別格となっています。
2015年から米沢牛の条件が黒毛和牛の未経産雌牛のみ、生後月齢32か月以上と厳しくなりましたが、最高級の米沢牛を手掛ける有限会社登起波牛肉店がより希少性を高めることになりました。
飲食店では米沢の地酒も取り扱いしており、山形県高畠町にある後藤酒造さんですき焼きに合う日本酒を特別に醸造してもらっている、生産農家直送の卵をすき焼きで使っているなど生産地でしか食べられない醍醐味を大事にしています。
米沢牛肉市場に買参権を持ち、店主自ら肉を競り落とす希少な精肉店で肉を見極める目が評価されています。
伝統の味と接遇の良さには定評があり、数々のメディアでも特集されています。
とことん米沢牛のおいしさを味わえるお店として地元でも評判です。
座席数100、駐車場も広々としていてお客様本位のサービスをしていることがよく理解できます。