1. TOP
  2. サービス
  3. 本間技建株式会社
「企業 情報」
に関連するツイート
Twitter

RT>情報系で優秀な学生がIT業界の泡沫企業に行ってるイメージが無いので悲しい事案な気がする

Twitter yasei_no_otoko 野生の男@アガルタ - 4分前

リツイート 返信

...たちの未来をつくるお仕事を紹介します!若者の海外留学、病児保育、子育てシェア、障害福祉、まちづくりなどに関するスタッフを募集しています。ぜひ、興味関心のある企業・団体への応募・質問をお待ちしております。 【求人情報・8月号】子どもや若者の世界を変える仕事 5 選 -若者の海外留学、病児保育、子育てシェア、障害福祉...

Facebook Jun Iwakiri - 5分前

Facebookの企業ページをホームページ上へ設置する方法~2017年3月版~-エムタメ!|マーケ担当者のためのデジタルマーケティング情報サイト mtame.jp/article/2017/0…

...が劇的に変わる大きな分岐点となる 情報が『8月27日(日)20時』にLINE@に 告知されます。 先にこの情報を手に入れた方は 先に私に『急激に変化する未来』 と合言葉を私のLINE@に記載し 1 名前 2 年齢 3 職業 4 お住まいの地域 5 何故お金を稼いでみたいか? 熱い思いなど、記載ください。 ============================== 8月27日...

【法務・22年秋まとめ】『デジタルディバイト…情報リテラシの有無、IT環境の相違などで生じる格差』『産業財産権…意匠権・実用新案権・商標権・特許権』『労働者派遣法の派遣先と労働者の関係…指揮命令関係』『請負契約や委任契約でも、基本的にはプログラムの著作権は開発した企業にある』

Twitter FE_study 基本情報技術者試験対策 - 15分前

リツイート 返信

以前に問題を起こした情報漏洩に関わる企業では、どうも持ち出しも平然と行われている様子。この手のスクープを喜ぶ輩もいるのだろうな。

Twitter AtsushiCafeK AtsushiCafeK - 15分前

リツイート 返信

スパイ活動を懸念され世界中から危険視されている中国通信機器メーカー華為技術。日本では経団連に加盟。大手通信企業納入実績を拡大。ここの部長はいくつかの情報通信企業内に深く浸透。米は日本はサイバー攻撃に脇が甘いどころではなく情報の流出センターだと警告された。日本人はスパイにやさしい

Twitter saniwaarudo どこまで言っちゃうの?さにわあるどbot - 15分前

1RT リツイート 返信

@raryosu 素人(高専7年目)の意見から失礼します。情報系に限定するが、同年代(学部2年~4年)に比べると全体平均的に即戦力ではあるよね。で、更にベンチャー企業を目指すような高専生はその中でもエリートな(ことが多い)ので、やっぱり即戦力なんじゃないのかなぁ。

Twitter 686868ah 68@台風の進路は俺の進路 - 19分前

リツイート 返信

アドサーバーのレポートでエリア情報企業情報等を可視化!「ADmiral」と「どこどこJP」が接続 :MarkeZine(マーケジン) markezine.jp/article/detail… @markezine_jpさんから

Twitter ShowRiseGo しょごー - 21分前

リツイート 返信

プライベートアドサーバー「ADmiral(アドミラル)」、どこどこJPへの接続開始で企業情報をレポート掲載可能に prtimes.jp/main/html/rd/p/...

Facebook Shogo Matsudo - 22分前

カテゴリー:

本間技建株式会社

s_本間技建株式会社

本間技建株式会社の目指すところ

本間技建株式会社は新潟市西区に本社があります。
土木および管工事の請負、測量調査設計と監理、建設用機械の賃貸などを行っています。
東京に関東出張所を設置しています。
HONMAグループとしてに新潟市中央区に株式会社本間組、本間道路株式会社、本間コンクリート株式会社、隆成建設株式会社、新潟建工株式会社、株式会社エイチオーエス、新潟市西区に本間造園、新潟興業株式会社、佐渡市に佐渡海洋物産株式会社があり幅広い専門分野を有しているのが特徴です。
新発田市に株式会社新潟紫雲ゴルフクラブもあります。本間技研では建築、設計、建設、土木を専門にしており、地盤改良、連続壁、基礎アンカー、土質改良などの事業を実施しています。
パワーブレンダーやダブルミキシングなどの大型機械も所有しているため、賃貸事業も良好です。
自社保有機械を使っての工事を実施しているため、安全で品質の高い工事が可能で、地盤に適した様々な工法から最適な工法を選ぶことができます。
昭和62年に設立され、実績のある会社として信頼されています。
ISO9001やISO14001を取得しており、品質環境マネジメントシステムを確立し運用しており、環境にも配慮しています。
特殊工法を通じてお客様の満足を得ることを目的にしており、よりよい環境技術と品質を提供することで人間性と技術を磨きながら社会基盤を創造していくことを目指しています。
地域環境保全を積極的に推進し、リサイクルや省エネルギーにも配慮しています。
水と豊かな自然を22世紀に引き継ぐために持続可能な循環型社会の実現を目指しています。
土と地盤の専門業者としてのプライドを持ち、見えるものを支えるために見えないところで支えますをコンセプトに技術力を磨き、人材を育成し、環境影響を評価して汚染の予防に努めている会社です。

本間技建株式会社の事業内容について

本間技建株式会社の事業内容は特殊工法による施工が中心で、特に地盤改良を得意としています。
地盤改良工事には5つの工法を採用導入しています。
DJM工法、DM工法、PB工法、CPG工法、GIコラム工法です。
地下壁体工事は山留壁、止水壁などに用いられる工法で、TRD工法が導入されています。
泥土処理工事ではMUDIX工法が導入されています。基礎アンカーにはMLTの技術が用いられています。
自社所有の機械を使い、複数の工法が利用できるため、施工条件によって使い分けることができるなどメリットが多く、臨機応変に対応できるのが特徴です。
化学的な特殊工法で大規模な工事をスムーズに行うことができ、実績があるため安全性も高いので信頼できます。
地盤改良を得意としており、軟弱地盤を化学的に解決したり、改良後の強度を幅広く選択できます。
システム施工手順が計画的に実施され、熟練したスタッフが担当しているため、工期に遅れがないと評判です。
施工環境や地盤状況に応じて最適な工法を提案してくれルコンサルティング企業としての側面を持ちますし、実績があるため経験値に基づいた適格な判断ができるところが魅力となっています。
低振動、低騒音で工事にもクレームが付きづらく、土留が不要になることも多いことから大幅なコスト削減ができるという高い評価も受けています。
すべり防止から構造物の基礎を目的としたものまで幅広い目的に対して適応できる工法と技術、機械、スタッフを備えており、化学合成物の比率の改良も積極的に推進しています。
建設会社でグループ会社を構成しているため、連絡がスムーズで情報を共有しやすく、サポートしあいながら事業を進めることができるため、資材、建材、設備、工法とスピーディな対応が図れます。
安全性も高く安定した工事が期待できると地元でも評判の企業です。