1. TOP
  2. 生活・暮らし
  3. 株式会社7C
「企業 情報」
に関連するツイート
Twitter

RT @papatraman: その後、彼の住むエリアの認可・認証・認可外・企業主導型の情報を手渡した。 最後に、相談するのに勇気が要っただろう?と尋ねたら 「うちの会社の先頭を走っているあなたが子育てを否定するはずがないと思ってましたから。否定したら自己矛盾ですよ(笑)」…

情報通信省は、国営企業のVNPT(ベトナム郵政通信総公社)とMobiFoneの所有権を、スーパー委員会の国家資本管理委員会(CMSC)へ移管。2社は来年IPOの目玉。同委員会は政府が100%出資する直属機関。移管は国家管理との分離を意味するが、資産額が高額のためスーパーと呼ばれる。 #ベトナ

逆求人にて 就活生「プロダクト作ってるやで」 企業の人「すごいンゴねぇ」 就活生「御社受けたいっす」 企業「逆求人の資料 (プロダクトの情報付き) あるから書類選考パスで次面接な」 みたいな

Twitterぽぽやまぽっく@ysm111

返信 リツイート 1分前

RT @papatraman: その後、彼の住むエリアの認可・認証・認可外・企業主導型の情報を手渡した。 最後に、相談するのに勇気が要っただろう?と尋ねたら 「うちの会社の先頭を走っているあなたが子育てを否定するはずがないと思ってましたから。否定したら自己矛盾ですよ(笑)」…

RT @papatraman: その後、彼の住むエリアの認可・認証・認可外・企業主導型の情報を手渡した。 最後に、相談するのに勇気が要っただろう?と尋ねたら 「うちの会社の先頭を走っているあなたが子育てを否定するはずがないと思ってましたから。否定したら自己矛盾ですよ(笑)」…

Twitterjam💜💙推しの笑顔を見つめてたいよ@jam_butter

返信 リツイート 1分前

RT @milmilk6: 浜松市の下水道処理事業運営権を譲り受けた企業連合に、元会長・宮内氏、社外取締役・竹中氏のオリックスの名も…。 麻生氏の娘婿がヴェオリアの取締役との情報が飛び交ってるけど、確たる証拠の提示もない。 私は水道民営化への道筋の始点は、小泉&竹中改革だと思っ…

Twitter放浪の騎士/遍歴の紳士@idzuchan0818

返信 リツイート 2分前

RT @papatraman: その後、彼の住むエリアの認可・認証・認可外・企業主導型の情報を手渡した。 最後に、相談するのに勇気が要っただろう?と尋ねたら 「うちの会社の先頭を走っているあなたが子育てを否定するはずがないと思ってましたから。否定したら自己矛盾ですよ(笑)」…

今日は本社で研修 勤務地に関するアンケートしっかり自分の本音をアンケートに書いたそれを見て某凄い人が笑いながら前の営業所はどやったっけて言われバイクで3分やった営業所とのギャップを植え付けられた😱同期には元気無くない?と久しぶりに会って言われる状況 本日の漆黒企業情報でした。

RT @papatraman: その後、彼の住むエリアの認可・認証・認可外・企業主導型の情報を手渡した。 最後に、相談するのに勇気が要っただろう?と尋ねたら 「うちの会社の先頭を走っているあなたが子育てを否定するはずがないと思ってましたから。否定したら自己矛盾ですよ(笑)」…

RT @papatraman: その後、彼の住むエリアの認可・認証・認可外・企業主導型の情報を手渡した。 最後に、相談するのに勇気が要っただろう?と尋ねたら 「うちの会社の先頭を走っているあなたが子育てを否定するはずがないと思ってましたから。否定したら自己矛盾ですよ(笑)」…

カテゴリー:

株式会社7C

株式会社7Cの目指すところ

株式会社7Cは、世界で通用するライダーの育成や、オリジナルバイクパーツ開発、若者たちの健全育成を目指しています。
特に若手ライダー育成のために4ストローク250cc単気筒バイクで争うJ-GP3クラスへの参戦を決断しました。
この大会はトップスピードこそロードバイク世界最高峰・MOTO3に及びませんが、コーナリングスピードはそれを凌ぐ速さに達するため、バイクコントロールやバランス感覚などライダーに必要な能力が全て試されます。
育成に適したJ-GP3クラスに参戦することで若手ライダーらに多くのレースを経験させ、さらなる成長を促します。特に勝利に絶対的中かかせない勝利への執念や駆け引き、ここぞという時に仕掛けるタイミングなどを学ぶ機会となっており、レース経験を積むたびにライダーらは成長していきます。
レース事業においては、あくまで勝利にこだわり、その目標に対してい最大限の努力を行うことでライダーらの可能性を広げると同時に、青少年の健全な育成や精神の発達を目指します。
株式会社7Cは、オリジナルバイクパーツ開発にこだわりを持ちます。
バイクの性能や商品値を落とすことなく、より高いレベルの性能を追求することで最良のオリジナルパーツの開発を目指しています。
特に他の模倣ではなくオリジナリティーに徹することで、パーツ開発に誇りを持つと同時に、独自の視点からの発想力や創造力、レーシングからのフィードバックに基づいた開発体制整備に力を尽くしています。
株式会社7Cは、国内外を舞台にしたバイクレーシング参戦を通じて、世界で活躍するライダーの育成と若者たちの健全育成を目指すとともに、レースからフィードバックを受けたオリジナルレーシングパーツの開発・製造・販売を通して、日本や世界の人々にバイクやレーシングの魅力を伝えていきます。

株式会社7Cの事業内容について

株式会社7Cは、オートバイレーシングチームの運営やレーシングライダーマネージメント事業に取り組んでいます。
事業の核となる事業がオートバイレーシングチーム運営です。
全国のサーキットを舞台にした日本最高峰のモーターサイクルロードレスである全日本ロードレース選手権、2014年に創設されたアジア圏を舞台にしたレーサーの卵が参戦するアジア・タレント・カップ、スーパーバイク欧州選手権FIM CEVなど国内外の大会に参加し、世界各国のライダーやメカニックなどとレースを通じて交流することで世界を知り、新たなレースへの原動力へつなげます。
チームに参加しているレーシングライダーたちのマネージメント事業も行います。
国内外のレーシング大会に参加するための日程確保や移動のサポート、専門雑誌やメディアの取材など、多方面のサポート体制を敷くことでライダーらがレーシングに集中できる環境整備を実現します。
株式会社7Cならではの事業が、オリジナルレーシングパーツの開発でしょう。
レーシングに参加することで得られる様々な情報や知識をフィードバックしたオリジナルレーシングパーツは、各方面から高く評価されています。これらのノウハウやスキル、技術はロードバイク向けのパーツ開発・製造・販売にも活かされます。
またエンジンKITの開発・製造・販売にも取り組んでおり、世界へ向けての積極的な事業展開を目指します。
この他にも自動車部品の試作・製造、各種溶接・板金など、整備事業サービスを行っており、自動車という異分野の専門的な知識や経験もバイクパーツの開発に欠かせない要素です。
レーシング事業には多大な費用がかかりますが、株式会社7Cは、大手二輪メーカーや自動車・バイク部品メーカー、バイクアイテムブランドなどを中心に多くのスポンサーを獲得しており、密接な連携をとることでさらなるバイク産業の発展とレーサーの育成を進めていきます。