1. TOP
  2. 生活・暮らし
  3. 株式会社7C
「企業 情報」
に関連するツイート
Twitter

RT @03sasa03: 【出演情報】深谷ものづくり博覧会・2019/3/3☆ ⇒ ameblo.jp/47-47/entry-12… なんと紗々誕生日の当日…‼️ みんなに会いたいので、ぜひ埼玉工業大学まで来てくれたら嬉しいです🌸 今年も深谷の企業の魅力をお伝えできるよう…

Twitterたかたかっち@tk2_ch

返信 リツイート 22秒前

ブラック企業は労働者に対し、社員研修と称してパワハラを行い自殺に追い込むということをすることがある。 このような極悪非道行為に関わった者どもは個人情報を罪状と共に公表してクビ。 全財産を失う程徹底して賠償させるべき 刑事面では殺人罪、死刑でいい #遺族の苦しみ asahi.com/articles/ASL7S…

RT @JollyAzure: @harumi19762015 種子を特定企業の独占物にするのはマズイですね。開発主の利益保護なら医薬品のように一定の独占販売期間を設ければ済む話。 生物種にとって多様性の喪失は環境変化に対する脆弱性そのもの。遺伝情報は一度淘汰されれば、開発の止…

RT @inaka_free213: 【Gmailで個人情報を送付する時は、情報保護モードを!】 支払調書作成のため、マイナンバーの提出を求められますよね。 中には「メールに書いて提出を」という企業も。 そんな時はGmailの「情報保護モード」がおすすめです。 閲覧期限の設定…

RT @bumpodo: 【#お知らせ 】今年度のJAWAショー(※1日目名称)のパンフレットを見ながらTwitterアカウントを持っている企業様のリストを作ってみました。情報集めリストとして共有ください。#ガザプロ #画材 #拡散希望 #自分メモ 🎨『#2019TOKYO…

Twitterリフレイン☆ゼルダの伝説と銀魂好きな者@fwg6IojZkUyy0cZ

返信 リツイート 7分前

だって選挙で選んでないしー 買うかどうかは…… ああ、国民の情報に対する意識のバロメーターではあるかな 本来なら企業活動じゃなくて、国の重要な機能に位置付けるべきだよね、報道機関

志望企業情報は、徹底的に調べ尽くせ。 他の就活生に負けてはいけない。 インプットの量で負けていては、アウトプットで勝てるわけがないのだから。

企業情報じゃなくて伊坂幸太郎読みたい

RT @himawarino878: 企業側による秩序範囲を超えた悪用の危険性…既にその状況です。誤認登録を被った被害者は日々いたぶられ続けています。人権は剝奪され、人格はゆがめられ、犯罪者のような扱いを受けます。たった一人の人間の誤解から不審者とされ、情報があらゆるところへ拡…

返信先:@sa_ya_19_39 新入生勧誘期間に売られるサークル情報誌があって、そこに大きい広告を出していたので、そこそこ有名だったと思います。企業的な広告で怪しさ満点だったので早稲田内でひっかかる人は少ないのでは、と友人と話したりしてました。

カテゴリー:

株式会社7C

株式会社7Cの目指すところ

株式会社7Cは、世界で通用するライダーの育成や、オリジナルバイクパーツ開発、若者たちの健全育成を目指しています。
特に若手ライダー育成のために4ストローク250cc単気筒バイクで争うJ-GP3クラスへの参戦を決断しました。
この大会はトップスピードこそロードバイク世界最高峰・MOTO3に及びませんが、コーナリングスピードはそれを凌ぐ速さに達するため、バイクコントロールやバランス感覚などライダーに必要な能力が全て試されます。
育成に適したJ-GP3クラスに参戦することで若手ライダーらに多くのレースを経験させ、さらなる成長を促します。特に勝利に絶対的中かかせない勝利への執念や駆け引き、ここぞという時に仕掛けるタイミングなどを学ぶ機会となっており、レース経験を積むたびにライダーらは成長していきます。
レース事業においては、あくまで勝利にこだわり、その目標に対してい最大限の努力を行うことでライダーらの可能性を広げると同時に、青少年の健全な育成や精神の発達を目指します。
株式会社7Cは、オリジナルバイクパーツ開発にこだわりを持ちます。
バイクの性能や商品値を落とすことなく、より高いレベルの性能を追求することで最良のオリジナルパーツの開発を目指しています。
特に他の模倣ではなくオリジナリティーに徹することで、パーツ開発に誇りを持つと同時に、独自の視点からの発想力や創造力、レーシングからのフィードバックに基づいた開発体制整備に力を尽くしています。
株式会社7Cは、国内外を舞台にしたバイクレーシング参戦を通じて、世界で活躍するライダーの育成と若者たちの健全育成を目指すとともに、レースからフィードバックを受けたオリジナルレーシングパーツの開発・製造・販売を通して、日本や世界の人々にバイクやレーシングの魅力を伝えていきます。

株式会社7Cの事業内容について

株式会社7Cは、オートバイレーシングチームの運営やレーシングライダーマネージメント事業に取り組んでいます。
事業の核となる事業がオートバイレーシングチーム運営です。
全国のサーキットを舞台にした日本最高峰のモーターサイクルロードレスである全日本ロードレース選手権、2014年に創設されたアジア圏を舞台にしたレーサーの卵が参戦するアジア・タレント・カップ、スーパーバイク欧州選手権FIM CEVなど国内外の大会に参加し、世界各国のライダーやメカニックなどとレースを通じて交流することで世界を知り、新たなレースへの原動力へつなげます。
チームに参加しているレーシングライダーたちのマネージメント事業も行います。
国内外のレーシング大会に参加するための日程確保や移動のサポート、専門雑誌やメディアの取材など、多方面のサポート体制を敷くことでライダーらがレーシングに集中できる環境整備を実現します。
株式会社7Cならではの事業が、オリジナルレーシングパーツの開発でしょう。
レーシングに参加することで得られる様々な情報や知識をフィードバックしたオリジナルレーシングパーツは、各方面から高く評価されています。これらのノウハウやスキル、技術はロードバイク向けのパーツ開発・製造・販売にも活かされます。
またエンジンKITの開発・製造・販売にも取り組んでおり、世界へ向けての積極的な事業展開を目指します。
この他にも自動車部品の試作・製造、各種溶接・板金など、整備事業サービスを行っており、自動車という異分野の専門的な知識や経験もバイクパーツの開発に欠かせない要素です。
レーシング事業には多大な費用がかかりますが、株式会社7Cは、大手二輪メーカーや自動車・バイク部品メーカー、バイクアイテムブランドなどを中心に多くのスポンサーを獲得しており、密接な連携をとることでさらなるバイク産業の発展とレーサーの育成を進めていきます。