1. TOP
  2. 生活・暮らし
  3. 株式会社7C
「企業 情報」
に関連するツイート
Twitter

情報系で出来るヤツはIT企業になんぞいかない

Twitter 69262 オカザキ3.14 - 5分前

リツイート 返信

RT>情報系で優秀な学生がIT業界の泡沫企業に行ってるイメージが無いので悲しい事案な気がする

Twitter yasei_no_otoko 野生の男@アガルタ - 6分前

リツイート 返信

...たちの未来をつくるお仕事を紹介します!若者の海外留学、病児保育、子育てシェア、障害福祉、まちづくりなどに関するスタッフを募集しています。ぜひ、興味関心のある企業・団体への応募・質問をお待ちしております。 【求人情報・8月号】子どもや若者の世界を変える仕事 5 選 -若者の海外留学、病児保育、子育てシェア、障害福祉...

Facebook Jun Iwakiri - 6分前

Facebookの企業ページをホームページ上へ設置する方法~2017年3月版~-エムタメ!|マーケ担当者のためのデジタルマーケティング情報サイト mtame.jp/article/2017/0…

...が劇的に変わる大きな分岐点となる 情報が『8月27日(日)20時』にLINE@に 告知されます。 先にこの情報を手に入れた方は 先に私に『急激に変化する未来』 と合言葉を私のLINE@に記載し 1 名前 2 年齢 3 職業 4 お住まいの地域 5 何故お金を稼いでみたいか? 熱い思いなど、記載ください。 ============================== 8月27日...

【法務・22年秋まとめ】『デジタルディバイト…情報リテラシの有無、IT環境の相違などで生じる格差』『産業財産権…意匠権・実用新案権・商標権・特許権』『労働者派遣法の派遣先と労働者の関係…指揮命令関係』『請負契約や委任契約でも、基本的にはプログラムの著作権は開発した企業にある』

Twitter FE_study 基本情報技術者試験対策 - 16分前

リツイート 返信

以前に問題を起こした情報漏洩に関わる企業では、どうも持ち出しも平然と行われている様子。この手のスクープを喜ぶ輩もいるのだろうな。

Twitter AtsushiCafeK AtsushiCafeK - 16分前

リツイート 返信

スパイ活動を懸念され世界中から危険視されている中国通信機器メーカー華為技術。日本では経団連に加盟。大手通信企業納入実績を拡大。ここの部長はいくつかの情報通信企業内に深く浸透。米は日本はサイバー攻撃に脇が甘いどころではなく情報の流出センターだと警告された。日本人はスパイにやさしい

Twitter saniwaarudo どこまで言っちゃうの?さにわあるどbot - 16分前

1RT リツイート 返信

@raryosu 素人(高専7年目)の意見から失礼します。情報系に限定するが、同年代(学部2年~4年)に比べると全体平均的に即戦力ではあるよね。で、更にベンチャー企業を目指すような高専生はその中でもエリートな(ことが多い)ので、やっぱり即戦力なんじゃないのかなぁ。

Twitter 686868ah 68@台風の進路は俺の進路 - 20分前

リツイート 返信

アドサーバーのレポートでエリア情報企業情報等を可視化!「ADmiral」と「どこどこJP」が接続 :MarkeZine(マーケジン) markezine.jp/article/detail… @markezine_jpさんから

Twitter ShowRiseGo しょごー - 22分前

リツイート 返信

カテゴリー:

株式会社7C

株式会社7Cの目指すところ

株式会社7Cは、世界で通用するライダーの育成や、オリジナルバイクパーツ開発、若者たちの健全育成を目指しています。
特に若手ライダー育成のために4ストローク250cc単気筒バイクで争うJ-GP3クラスへの参戦を決断しました。
この大会はトップスピードこそロードバイク世界最高峰・MOTO3に及びませんが、コーナリングスピードはそれを凌ぐ速さに達するため、バイクコントロールやバランス感覚などライダーに必要な能力が全て試されます。
育成に適したJ-GP3クラスに参戦することで若手ライダーらに多くのレースを経験させ、さらなる成長を促します。特に勝利に絶対的中かかせない勝利への執念や駆け引き、ここぞという時に仕掛けるタイミングなどを学ぶ機会となっており、レース経験を積むたびにライダーらは成長していきます。
レース事業においては、あくまで勝利にこだわり、その目標に対してい最大限の努力を行うことでライダーらの可能性を広げると同時に、青少年の健全な育成や精神の発達を目指します。
株式会社7Cは、オリジナルバイクパーツ開発にこだわりを持ちます。
バイクの性能や商品値を落とすことなく、より高いレベルの性能を追求することで最良のオリジナルパーツの開発を目指しています。
特に他の模倣ではなくオリジナリティーに徹することで、パーツ開発に誇りを持つと同時に、独自の視点からの発想力や創造力、レーシングからのフィードバックに基づいた開発体制整備に力を尽くしています。
株式会社7Cは、国内外を舞台にしたバイクレーシング参戦を通じて、世界で活躍するライダーの育成と若者たちの健全育成を目指すとともに、レースからフィードバックを受けたオリジナルレーシングパーツの開発・製造・販売を通して、日本や世界の人々にバイクやレーシングの魅力を伝えていきます。

株式会社7Cの事業内容について

株式会社7Cは、オートバイレーシングチームの運営やレーシングライダーマネージメント事業に取り組んでいます。
事業の核となる事業がオートバイレーシングチーム運営です。
全国のサーキットを舞台にした日本最高峰のモーターサイクルロードレスである全日本ロードレース選手権、2014年に創設されたアジア圏を舞台にしたレーサーの卵が参戦するアジア・タレント・カップ、スーパーバイク欧州選手権FIM CEVなど国内外の大会に参加し、世界各国のライダーやメカニックなどとレースを通じて交流することで世界を知り、新たなレースへの原動力へつなげます。
チームに参加しているレーシングライダーたちのマネージメント事業も行います。
国内外のレーシング大会に参加するための日程確保や移動のサポート、専門雑誌やメディアの取材など、多方面のサポート体制を敷くことでライダーらがレーシングに集中できる環境整備を実現します。
株式会社7Cならではの事業が、オリジナルレーシングパーツの開発でしょう。
レーシングに参加することで得られる様々な情報や知識をフィードバックしたオリジナルレーシングパーツは、各方面から高く評価されています。これらのノウハウやスキル、技術はロードバイク向けのパーツ開発・製造・販売にも活かされます。
またエンジンKITの開発・製造・販売にも取り組んでおり、世界へ向けての積極的な事業展開を目指します。
この他にも自動車部品の試作・製造、各種溶接・板金など、整備事業サービスを行っており、自動車という異分野の専門的な知識や経験もバイクパーツの開発に欠かせない要素です。
レーシング事業には多大な費用がかかりますが、株式会社7Cは、大手二輪メーカーや自動車・バイク部品メーカー、バイクアイテムブランドなどを中心に多くのスポンサーを獲得しており、密接な連携をとることでさらなるバイク産業の発展とレーサーの育成を進めていきます。